amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

餅花と10年

餅匠しづくさんで新年の餅花を飾るようになって

今年でちょうど10年になりました。

2011年、その年はSNSをきっかけに人脈が広がり、

3月には東日本大震災が起こり、4月には大阪の中之島を中心に人が集いました。

静かな景気後退に震災も加わり、これからをどう生き抜いていくかを考える中で、

 数十人単位で知り合いが増え、比例して仕事も多忙になりました。

今回、餅花をまとめて書き残しておこうと画像を遡っていると、

目が回るほど多種多様な仕事の記録に驚きながら、

よく無事にこなしてきたと、感慨に浸りました。

 

餅花、第一回目は2011年の年末、

重量のある餅花をうまく設置できるか、予想できる限りの対策が取れるよう道具を揃え、とても緊張しながら伺ったのを覚えています。

f:id:amicaflower:20210311163008j:plain

2011年餅花

 

 

2012年の年末には、広さや背景の質感にも映えるよう、大きめの餅花をつけました。コロコロとした印象になりました。柳は花宇さんで黒目柳を。

f:id:amicaflower:20210311163223j:plain

2012年餅花

f:id:amicaflower:20210311163352j:plain

2012年餅花

2013年の年末、京都の花市さんで餅花用として柳を調達し、高さと迫力のある枝ぶりに大きな餅花を咲かせました。当然ではありますが、素材としての柳の個性に作品が決定づけられることを実感した年。

f:id:amicaflower:20210311163633j:plain

2013年餅花

f:id:amicaflower:20210311163703j:plain

2013年餅花

f:id:amicaflower:20210311163735j:plain

2013年餅花

2014年の年末には、
以前、奈良の白毫寺で見た『五色の椿』を思い浮かべながら、
五色に咲く餅花を作りました。紅、白、薄赤、桃、絞りの五色。

f:id:amicaflower:20210311164503j:plain

2014年餅花

f:id:amicaflower:20210311164607j:plain

2014年餅花

 

2015年の年末には、飛騨高山で心を打たれた枝物に咲いた餅花を再現しました。目利きに早くからお願いし、獅子頭というモミジを準備していただきました。amicaのHPにも使用しています。

f:id:amicaflower:20210311164802j:plain

2016年年末、
大きな柳に、枝ごとに咲く色の違う、源平咲きで仕上げました。

f:id:amicaflower:20210311165945j:plain

2016年餅花

f:id:amicaflower:20210311170134j:plain

2016年餅花

2017年、趣を変えて、赤い花を小さく咲かせました。

f:id:amicaflower:20210311170306j:plain

2017年餅花

f:id:amicaflower:20210311170348j:plain

2017年餅花

 

2018年、京都のとある美術館で飾られていた黒文字の餅花を見て、和菓子には欠かせない素材でもあり、初めて黒文字で餅花を仕立てました。清々しい香りが印象的です。

 

f:id:amicaflower:20210311170537j:plain

2018年餅花

f:id:amicaflower:20210311170605j:plain

2018年餅花

 

2019年の年末、子々孫々までの繁栄を願って飾られる掛け蓬莱と、餅花を合わせた作品に仕上げました。代々つづく餅匠しづくさんにも相応しい飾りだと思います。

f:id:amicaflower:20210311170749j:plain

2019年餅花

f:id:amicaflower:20210311170856j:plain

2019年餅花

この続きは後編へ。