amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ナンキンハゼの冬支度

近くの並木道のナンキンハゼが

ゆっくりと葉緑素を取り込み始めました。

そう、早くも紅葉が始まったのです。

f:id:amicaflower:20190916174025j:image
f:id:amicaflower:20190916174022j:image

気温が下がると、葉の中の葉緑素を幹に移動させて集め、翌年の新芽に備えます。葉緑素が抜けた葉は緑色から黄色や朱に紅葉し、そして落葉します。

 

ナンキンハゼの紅葉は、それはそれは美しく、色の変化の奥深さはモミジに匹敵するのではと思います。小学校3,4年の頃だったか、そのあまりの綺麗さに水彩で図案化して描いた(そしてとても良い評価をもらった)思い出深い木です。

 

6月末には細長くおとなしい花を咲かせます。

f:id:amicaflower:20190916174856j:image

花のあとは、緑の丸い実が成ります。熟して緑から黒くなり、その殻が弾けて中から白い実が出てきます。クリスマスの時期に大活躍するあの実、です。

f:id:amicaflower:20190916180031j:image

紅葉が美しいのに、残念ながらそのタイミングの写真が撮れないのは、近くの街路樹は紅葉が始まると同時に剪定されてしまうからです。芦屋市の予算の関係で、とのことですが、せめてもう一〜二週間、白い実と七色の紅葉が見られるようずらしてもらえたらと思います。

 

丸い葉は特徴がありますので、お近くにあれば、ぜひ10月後半あたりからの紅葉を愛でてみてはいかがでしょうか。

 

さて今月は芦屋アトリエでレッスン。秋の豊富な素材に心踊らせつつ、久しぶりの皆さんにお会いできるのが楽しみです。