amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

久しぶりに

5月の投稿以来、すっかり季節が過ぎていきました。

 

実は今年に入って、

というよりは昨年の5月以降、

私的なことで大きな変化があり、

通常の業務やオーダーに応えていくことだけで日々が過ぎていき、

文字を書くという余力が残っていませんでした。

 

ある年齢になると、親のことで直面する高齢者問題、

私自身もいつかは自分の親で向き合わねばと、予想はしていました。

 

54歳で脱サラして立ち上げた会社を父は生きがいとし、「生涯現役」を公言、

これまで周りの助言は耳に入らず、歳を重ねていました。

 

80歳を過ぎて、いよいよ体力も知力も落ちていく中で、

背負っているものが重くなり、それを支える人もない状態で、

ある時急に、限界が訪れ、どうにもならなくなりました。

 

会社のことについて私自身ができることは限られているものの、それでもやはり、

父自身の思いも理解できるだけに、他の誰かに託すよりは、

近くにいる家族として、できることをすることにしました。

 

親をめぐる老いの様々な変化に、

初めてのことばかりでその都度戸惑い、家族で相談し、調べたりしながら、

できる限りサポートし、なんとか先日、父が快適に過ごせそうなところに落ち着きました。

そして、父が立ち上げた会社の30周年記念を祝う席を設け、三世代の家族が一堂に会しました。

父も孫たちとの乾杯を楽しみ、久しぶりの美酒に酔いしれてとても幸せそうでした。

 

これまで様々な、自分なりには難しいプロジェクトを仕事でこなしてきましたが、

この1〜2年の思い悩む日々に区切りがついた安堵感はとても大きく、今まで味わったことがありません。

 

「親は自分に老いというものを見せてくれている」と友人も言っていましたが、

これでまた少しタフになったのと、自分の人生を改めて見直すことにもなりました。

 

日々、楽しむこと、

ちょっとしたストレスの種もできるだけ取り除くこと、

「とりあえず」でモノを買わないこと、穏やかに過ごすこと。

 

 

 

芦屋アトリエも大改造中、

これからは仕事中心から、暮らし中心へ、シフトして行きたいと思います。

 

IMG_4120.jpg