amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

秋明菊

秋を代表する草花の中でも、愛らしい花と楽しげなつぼみが特に印象的な秋明菊、今月のレッスンでももちろん使用しています。

DSCF7520.jpg

DSCF7501.jpg

細くてか弱い印象ですが、しっかりと水揚げするとふんわりと次のつぼみを咲かせます。

こちらは仕入れてきたばかりの状態。

IMG_4661.jpg

産地で切ったあとに箱に寝かして輸送されるため、ほとんどが重力に逆らって花を起こそうとした状態になり、花首が曲がっています。

水揚げ方法はそれぞれの花材によって、またはお店によっても違いがあります。長年の試行錯誤の結果、辿り着いた方法で、または使う用途に合わせて変えたりということもあるようです。

この秋明菊藤袴amicaでは茎を熱湯につける「湯上げ」をしています。しっかりと水揚げされた花は堂々とした様子で、コンディション万全で出番を待っています。

ほとんどの花は水が揚がるまで一晩かかります。

今日仕入れて、使用するのは明日。

早めのオーダーをお願いしているのはそういう時間のためです。

明日のレッスンをお申込みの皆さん、どうぞお楽しみに。

「秋の花と実モノのアレンジ」

9月27日(火)靱公園サロン 13:30〜、16:00〜、18:30〜

9月29日(木)芦屋アトリエ 10:30〜、14:00〜

9月24日(土)芦屋アトリエ 10:30〜、14:00〜

詳細はこちら

amicaFacebookページでは季節のお花や、レッスン風景を更新中。

ページ右上の「いいね!」をクリックしていただくと最新情報をご覧いただけます。

http://www.facebook.com/amicaflowers

amicaのHP

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ