amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

北海道は新緑と花の季節

芦屋のアトリエを拠点に、レッスン(芦屋、大阪靭公園)、ウエディングを始め、

フラワー、植物に関するオーダーにお応えしているamica(アミカ)です。

5泊6日の旭川、東川、の出張から帰ってきました。内容が濃すぎて、そして帰ってからのスケジュールの詰まり具合でようやく書く時間ができました。

今回のメインは旭川デザインウィークを見に行くこと。全くの初めてでしたが、ご一緒させていただいたモダンリビングのパブリッシャー下田結花さんのおかげで、札幌からカンディハウス主催のツアーに参加させていただき、下田さんのトークセミナー、ソメスサドル、旭川家具センター、そして旭川カンディハウスの工場見学など、その場でしか得られないものが多く、想像以上に充実した学びの旅になりました。

IMG_3410.jpg

IMG_3429.jpg

IMG_3453.jpg

IMG_3483.jpg

IMG_3463.jpg

また、旭川デザインウィークの立役者の方々から、その熱い思いやこれからのビジョンなどをグランピングというシチュエーションの中で伺えたこと、そして憧れの織田憲嗣先生のご自宅にもお邪魔して、ここでも未来へ向けたお話を聞きながら幸せな時間を過ごしてまいりました。北欧家具にあふれた美しい御宅については発売されたばかりの「婦人画報8月号」に掲載されています。

DSCF6563.jpg

DSCF6538.jpg

DSCF6548.jpg

DSCF6553.jpg

DSCF6558 (1)

あとは旭川や東川の今を知ること、札幌の植物流通を知ることでした。東川については「結(ゆい)」を根付かせたいという高い志で町が作られてきたことを聞き、町づくりにしてもイベントにしても、中心で大きなうねりを作っている人のお話は興味深く、とても貴重な経験ができたことを有り難く感じました。

IMG_3494.jpgIMG_3522.jpg

IMG_3531.jpg

IMG_3543.jpg

梅雨空の関西とは違い、北海道は初夏の爽やかさ、眩しいくらいの新緑に様々な花が咲き乱れていました。行けなかったところがまだまだありましたが、とても実りの多い旅、これからがさらに楽しみになりました。

 

さて今月のレッスン、こちらも北海道ならではの素材。

富良野ラベンダーの壁飾り 】

DSCF2320 (1)

◎ 靭公園サロン

 7月12日(火)

  13:30~ 残席わずか 

  16:00~ 

  18:30~ 残席わずか

◎ 芦屋アトリエ

 7月14日(木)

  10:30~

  14:00~

 7月 9日(土)

  10:30~

  14:00~ 

富良野から直送のフレッシュラベンダーを使用したリースやスワッグ、作りやすいものから凝ったものまで選んで製作いただけます。

詳細はこちら

amicaFacebookページでは季節のお花や、レッスン風景を更新中。

ページ右上の「いいね!」をクリックしていただくと最新情報をご覧いただけます。

http://www.facebook.com/amicaflowers

amicaのHP

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ