amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

インドアグリーンの植え替え

芦屋のアトリエで、レッスン、ウエディングを始め、

フラワー、植物に関するオーダーにお応えしているamica(アミカ)です。

6月にガーデンの植え込みでご相談いただいたSさまから、

合わせてお部屋のグリーンも植え替えも、とのことで承りました。

新築のお祝いにお友達からプレゼントされた鉢植えのアラレア、

Sさまの水やりとお家の居心地の良さからかのびのびと成長し、

鉢も窮屈に見えました。

DSCF1420.jpg

お部屋のインテリアはイタリア家具のアースカラーがメイン、

そのニュアンスに合わせてベルギーの人気ブランドDomaniの鉢を鉢カバーとしてセレクトしました。。

IMG_0102 (2)

さて植え替えて鉢カバーにすると見た目には綺麗なのですが、

水やりが難しくなります。というのも、

これまでは目に見えて鉢底のお皿に浸み出していた水が

鉢カバーだと見えなくなるからです。

鉢カバーの底には深さ10センチもあるしっかりとした水受けのお皿も入っていて、

よっぽどのことがない限りは溢れることはないですが、

それでも見えないというのは不安があります。

植え込みをした土の量が増えていること、

またその土の保水性や水はけがどのくらいかにもよるので、

どの程度の水やりをすればよいか分からなくなります。

もしこの管理を私自身が任されたら、

日々おっかなびっくり水やりをし、

植物の様子を見ながら時間をかけて慣れていくしかないかなと思います。

見栄えよく植え替えたことで管理がやりにくくなり、

植物のコンディションがもし悪くなってしまったら本末転倒なので、

知恵をしぼり鉢カバーの底の水受け皿の水位がわかるような

オリジナルの「水位測定棒」(!)を考案しました。

使用方法を説明して管理していただいたところ大変好評で、今は花が咲き実もついたそうです。

動物のペットほどは主張はしないにしても、

植物もやはり生きているもの、家族の一員、

お家の「気」で呼吸しています。

植え替えると目に見えてイキイキと元気がよくなり、

「気」の流れも変わるように感じます。

お家で元気のない植物やちょっとおっくうな植え替え、またはお庭のことなど、

植物に関することは何なりとお気軽にご相談くださいね。

HPまでメールでお知らせください。

さて9月のレッスンは和の花、10月はバラがテーマです。

< 9月 和の花を束ねる >

 

 9月8日(火)靭公園サロン

  13:30〜 残席わずか

  16:00〜 

  18:30〜     

 9月3日(木)芦屋アトリエ

  10:30〜 

  14:00〜  

 9月5日(土)芦屋アトリエ 

  10:00〜

  14:00〜     

< 10月 バラのアレンジメント >

 

 10月20日(火)靭公園サロン

  13:30〜 

  16:00〜 

  18:30〜    

 10月22日(木)芦屋アトリエ

  10:30〜 

  14:00〜     

 10月24日(土)芦屋アトリエ 

  10:00〜

  14:00〜     

お申し込みはこちらをご覧いただきメールをお送りください。

amicaFacebookページでは季節のお花や、レッスン風景を更新中。

ページ右上の「いいね!」をクリックしていただくと最新情報をご覧いただけます。

http://www.facebook.com/amicaflowers

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ