amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

オリジナルウエディング

ホテルや既存のウエディング施設を使用せず、

お二人の思い入れのある場所での、オリジナルウエディング。

この秋の、大切な方々の幸せの門出、

その装花を担当させていただきました。

会場となるのは、

明治初期に建てられた木造校舎、

昭和30年代まで茨木小学校として親しまれてきた希少な建造物です。

今までは橋本健二さんの建築設計事務所として、

ときにはギャラリーやイベントで人が集う場所でもありました。

愛着と思い入れのある場所。

事務所の一階の仕切りの壁をなくす工事をし、

新郎新婦のふたりで壁を塗ったそうです。

1385649_601644819900096_72846773_n.jpg

(写真はお二人からお借りしたものです)

この空間に、テーブルと椅子が入り、

120名のゲストが着席するパーティ会場になるとのこと。

装飾のご希望はテーブル全体と、柱をところどころ。

あとは「任すわ」と言っていただきました。

お見えになるゲストの皆様は大御所の方々。

「お任せ」いただくのは自由でラクなようでいて、

実は全力を注ぎ込む、という意味でもあると思います。

何か葉もので作りこんで装飾しようか、

デザインが色々と頭に浮かびました。

仕入れ先で素材を見て回りながら、

ワクワク感と心地よいプレッシャーで初の武者震い?(汗)

仕入れは直感、

素材との一瞬の対話。

その日は特にそんな反射神経で買い付けました。

会場セッティングは披露宴パーティの前日夕方から。

お二人の負担にならないよう、できるだけ手早く仕上げます。

_MG_2726.jpg

_MG_2728.jpg

_MG_2729.jpg

_MG_2740.jpg

_MG_2744.jpg

_MG_2751.jpg

_MG_2753.jpg

_MG_2760.jpg

_MG_2768.jpg

_MG_2783.jpg

_MG_2791.jpg

なかなか全景を写しきれない広さ。

_MG_2784.jpg

当日、大阪市内の教会で挙式。

ウエディングブーケは挙式用、ご披露宴用、

それぞれ友人からのお祝いのプレゼント。

_MG_2813.jpg

_MG_2805.jpg

パーティ会場に人が集い、二人を祝福し、

笑顔で、歌い、その時間が温かく過ぎました。

その温かさには、この場所の持つ、

年月を経た木材、人の手で丸く角を落とした梁、

そしてたくさんの人が過ごしたであろう歴史など、

特別な温もりも含まれていました。

_MG_2824 のコピー

_MG_2823.jpg

_MG_2833 のコピー

健二さん、陽子さん、

本当にカッコよくて、お茶目な、素敵なお二人、

どうぞ末永くお幸せに・・・☆

こんな素晴らしい披露宴のお手伝いをさせていただき、

明治時代の建物に自由に装飾できるなんて、

とても光栄でした。ありがとうございました。

またプロの方のお写真見せてくださいね。

今回、仕入れや制作までは出来ても、

セッティングは一人では無理というボリュームだったので、

最強の方々にお手伝いいただきました。

植木職人の家谷さん、

高い脚立のうえで、私の手となり足となり、

柱装飾の全てのデザインを忠実に再現してくださいました。

私よりも先輩であるにも関わらず、

この場での私の意向を何よりも大切に、

そして、手早く、美しく。

積んでらっしゃる経験数もありますが、

敬意を持って、人にも素材にも向き合ってらっしゃる姿には、

感銘を受け、大いに学ばせていただきました。

_MG_2736_20131114020707dcb.jpg

そしてたくさんのテーブルフラワーやキャンドルのセッティングには、

様々なイベントをキュレーションしているMayukoさんに。

amicaアトリエからの大量の搬出も含め、ハードだったと思いますが、

本当にテキパキとこなしてくれました。

IMG_5823.jpg

お二人のおかげですべての設営が手早く終わりました。

心から御礼申し上げます!

さて、今週末にもオリジナルウエディングがあります。

全く別の場所、別の世界観。

普段は入ることのない大阪の某所。

全体の演出、フード、ヘアメイク、など、

関わる人達も多彩です。

またこちらで書きます。

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers