amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

小さな集まり(kinfolk)を楽しむワークショップ

 

amicaのフラワースクール、

1999年春にスタートしたので、15年目に入りました。

年月とともに、形も様々に変わりましたが、

変わらないのは、私自身が資格に重点を置いていないこと、

見本を作らずにそれぞれの方の個性を表現してもらうこと、

素材そのものを見て、その個性を活かしてもらうこと、

植物の美しさ、強さ、なにより楽しさを知ってもらうこと、です。

今、大阪の靭公園サロンの講座では、

従来の季節をテーマにした内容に加え、

サロンオーナーH野さんの楽しい遊びゴコロで

時にその日のお花のテーマと音楽とがリンクしていたり、

より深く、フラワーの世界を堪能できる時間になりました。

_MG_1788_20130918030553c0e.jpg

上の画像は9月の講座、赤をテーマにしたアレンジ。

さらりと、Communardsの「Red」のジャケットが飾られています☆

生徒さんも気付いてさらに笑顔になりました。

さて、今回、

その靭公園サロン、芦屋アトリエについで、

大切なご縁から、また新たな機会をいただきました。

場所は難波にある美しいモデルハウス、

una sora casa

空と、木と、風と、光。

すべてがこの中庭にあり、

家全体がその豊かさを享受しています。

R0010039 のコピー

キッチン、ダイニング、リビング、

その心地良い空間での、amicaとしての新しい講座。

R0010042 のコピー

その内容は、

今まで行なってきたものとは少し異なります。

もっと、身近な素材に目を向けること、

自然を、普段の生活に取り入れること、

そのことで、日々の暮らしに彩りが増すことを、

それが、身近な人との大切な時間を演出することを、

使用する素材は、もしかしたら、

ご自宅でたくさん咲いたブルーサルビアだったり、

おとなりで剪定したユーカリだったり、

散歩で見かけた落ち葉や木の実だったり、

花屋さんでコレなんだろう、と思った花だったり、

_MG_1807.jpg

ということで、

初回はFlower potluckで始めます。

いわゆる、お花の持ち寄り、です。

購入するもあり、育てている素材もあり、

用意しにくい方はこちらにお任せいただいてもOKです。

同じ素材を人数分準備するよりも、

実は遥かにこちらの対応は大変にはなりますが、

生活空間にすぐに活かせるワークショップを実現すること、

それも、生活空間としてのuna sora casaでの開催は、

一層その意味を実感していただけるのではと思います。

え〜大変そう、と思う方もあるでしょう。

大丈夫です。私の20年の引き出しを全部開けて、

どんな素材も、楽しく活かしてお見せしましょう。

教えるというより、伝える、そして喜んでもらう、

そのことが何より今は私自身の喜びでもあります。

そしてこの場所で、一緒に、おいしいものも楽しみましょう。

ランチにはメツゲライ・クスダさんのランチプレート、

全国一位の人気のベッカライ・ビオブロートのパン、

レッスン後には餅匠しづくさんの和菓子を。

日時 : 10月10日(木)11時〜14時

場所 : una sora casa(生活を遊ぶ家)

     大阪市浪速区敷津東1-1-1

料金 : ¥8,000(ワークショップ、花材費、食事代込み)

     

素材 : 持ち寄り予定のものを予めお知らせください。

     こちらでも準備いたします。

定員はそれほど多くはありません。

すでに予約が埋まってきております。

(有給を取って参加の方も数名・・・☆)

お申込みは下記メールまでお早めに。

info☆j-amica.com ←☆をアットマークに

なお、タイトルのkinfolkについては、当日詳しくお話しますが、

オレゴン州ポートランドで生まれた雑誌の名前、

元々は英語の古語で「田舎の家族」といった意味だそうで、

small gathering(小さな集まり)を豊かにする

話題の、ライフスタイルデザインの書です。

HP、動画とも大変美しいです。

kinfolk site

10月10日、soraを楽しみながら、

いい時間を一緒に過ごしましょう。

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ

amica flower site