amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ビル・カニンガム&ニューヨーク

 

先日、

映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を観て来ました。

とってもチャーミングなビル、

映画を見て幸せをもらいました。

全編を通して見られるのはNYファッションの爆発的な楽しさ、

映画「Sex & the City」でも見られたワクワク感が、

痛快なほど、エネルギッシュにたっぷりと描かれています。

80歳を過ぎてなお現役でストリートでファッション写真を撮り続けるビルの、

華やかな活躍と、知られざる私生活。

相手が有名人だから撮るのでもなく、

自分の売名のために刺激的な写真を撮るのでもなく、

自分の世界観のゴリ押しでもなく、

また、自分の利益のために撮るのでもなく。

ファッションが好きだから撮る、

シンプルにそれだけ。

ビルの笑顔の眩しさは他に見たことがありません。

その輝きは神の域だという方も。

純粋なものが放つ、本物の、圧倒的な美しさ。

ちょうど、

今の私が探していたものが、

この映画にはあったのです。

あまりに、ここ一年、

利益だけを追う空気の中にいたからかもしれません。

ビルの目指す方向とは真逆、

・できるだけ有名なひとと知り合いになって恩を売り、

・自分の名前を売って広め、

・その中で世界観をアピールして、

・それに比例して利益を上げる。

一般的なよくあるセオリー、

否定はしませんが、

息が詰まっていたのだと思います。

ビルも華やかなファッション業界で、

同じような私利私欲に巻き込まれた末に、

たどり着いたのが、自分なりのスタイル。

浮世離れして見えるところも多く、

そのまま真似することは困難ですが、

ストイックに、

美しさに向き合い、追い求めていくと、

見える世界があるのだと、彼自身が証明しています。

映画の中で彼が語る、

「美を追求するものは、必ずや美を見いだす」

確かに、

◯◯風とか、◯◯スタイルとか、

表面をなぞって雰囲気を真似すればそれなりになるかもしれません。

ただ、本物を見てその強さ、美しさに触れると、

その、表面をなぞることの恥ずかしさを知るのです。

ストイックに、

追い求めれば追い求めるほど、

知れば知るほど、

さらに、本物を知りたくなるし、

もっと美しいものを探求したくなる。

もっと純粋なものを追求したくなる。

ここ数ヶ月でモヤモヤとしていたものが、

はっきりと方向性を持ってきました。

これからのこと、新しいこと、

この夏に、ちいさな一歩、踏み出します。

その歩みは、ずっと、生きていく限り、続けていくつもりです。

ビル・カニンガム&ニューヨーク公式サイト

ビル撮影、編集のOn the street

動画はこちら

これからの講座

7月はひまわり、8月はカサブランカリリー。

7月 8日(月) 靭公園サロン 18:30~

  9日(火) 芦屋アトリエ  10:30~、14:00~

  11日(木) 芦屋アトリエ  14:00~

  6日(土) 芦屋アトリエ  10:00~、14:00~

8月19日(月) 靭公園サロン 18:30~

  20日(火) 芦屋アトリエ  14:00~

  22日(木) 芦屋アトリエ  14:00~

 24日(土) 芦屋アトリエ  10:00~、14:00~

詳細はこちらへ → スクールのページ

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers  ← 毎日更新中