amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

バレンタインの贈り花

 

2月の大切なイベント、

バレンタインデー。

チョコレートを贈る方も多いのですが、

欧米では男性が女性にお花を贈る日。

お花の流通量が相当なボリュームアップ。

この時期は春の花のたくさん出揃う時期でもあり、

気温が低いために長く楽しめるとき。

日本でももっともっと、

この時期にお花を贈り合うことが増えたらいいなと思います。

そんなバレンタインデー、

amicaにも贈り物としてのご依頼がたくさん入っていました。

前日の発送から始まり、当日朝からは次々にお届けに。

フラワーバレンタイン、

やはり色合いは真紅。こちらはプリザーブドフラワー

_MG_8169 のコピー

まるで本物の生花のバラ?と思うほど見事なクオリティ、

プリザーブドフラワーのメーカーは数々ありますが、

ここのこのバラが一番なのです。

ホコリ除けの専用ケースでのお届け。

_MG_8171.jpg

生花もチョコレートカラー。

愛嬌のあるパンジーと、華やかなダリアのブーケ。

ほのかにパンジーから春の香りが漂います。

2013:02:15 _MG_8175 のコピー

忙しいなかで、

つくづく、なんて楽しいんだろう、と、

なんて花は美しく、香り高く、よろこびをもたらすんだろう、と。

あらためて大切なことが降りてきて、

自分自身の腑に落ちたのです。

これまでは、喜ばれるものを、最優先に考えて動いていました。

どんな商品ラインナップにすれば、

どんな花材にすれば、どんな講座にすればなど、

すべて、判断基準は「喜ばれること」にありました。

もちろん、それはとても大切なことですし、

オーダー品は希望された雰囲気に仕上げるのが求められると思います。

ただこれからは、

私自身が「気持ちよい」と思うことを前面にして、

素材選びにもデザインにも制作にも、反映させていこうと思います。

これまで以上に、

内容やデザインをお任せいただくことが増えると思います。

生花はその日、そのときどきの、出会いがあります。

それを存分に活かすこと、

そこに制作者としての私のよろこびも加えて、

そのときだけの、一点だけの作品を完成させられたら。

チョコレート色のブーケを組みながら、

そんなことを考えました。

自分が気持ちいいと思う作品は、

きっと、受け取ったひとにも伝わると思います。

ハッピーなひとが、まわりをハッピーにするように。

_MG_8184.jpg

イベントのお知らせ。いよいよ来週末です。

 ◎フランスリボンを使ったリングピロー

 

  日時 2月23日(土)11時〜 15時〜(残席わずか) 19時〜

  料金 ¥8,000

  場所 阪急百貨店うめだ本店 10階 うめだスーク・中央街区

_MG_8149.jpg

 お好きな色をリクエストしてくださいね。

 結婚式が終わってからは、ジュエリーボックスなど、

 大切なお小物入れにもお使いください。

 

お問い合わせ、お申込みはHPからメールでお送りください。

阪急百貨店では申込みの受付はしておりませんのでご注意ください。

イベント専用サイト

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers

ランキングには興味なかったけど、

上がってくるとやはりウレシイ↓

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ