amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

森と庭と

 

今年のパリコレの様子が、

友人含め色々なところから入ってきます。

以前は地上波で放映されていたファッション通信

今はBS JAPANで見ることができるようです。

ファッション通信

フラワーの仕事はインテリアやファッションの影響も大きく、

やはりその年の傾向などは興味の湧くところ。

まあ、それより前に、とにかく好きというのもありますが。

今年のファッションの傾向などは専門家にお任せするとして、

ショー自体のテーマだけピックアップしてみたいと思います。

今年の春夏のショーで、

森、緑、庭、というキーワードを使ったところが多く、

私が聞いただけでも、

Christian DiorCHANEL、VALENTINO、など、

新しい世代のブランドほどその傾向が強かったようです。

シャネルはグラン・パレ、まるで植物園の中でのショー。

この動画はカメラワークも素晴らしい。

http://youtu.be/8XqTkOpVuI4

キャットウォークを最初にやめたのは川久保玲さんだったかと記憶していますが、

モデルはいつからキャットウォークをしなくなったんだろう、

あの、肩で風を切るような、身体をくねらせるような、

それさえも時代を反映しているのかもしれません。

シャネルのショーでは森の中を瞑想しながら歩いているかのよう。

どこも素晴らしいショーだったとのことですが、

中でも際立っていたのがクリスチャン・ディオール

デザイナーにラフ・シモンズを迎えての2回目のショー。

http://www.apparel-web.com/collection/2013ss/hautecouture/christian-dior/

このステージ装飾、

いいフローリストが、いい仕事をしている、

キリッとして見ていて気持ちが良い。。。

テーマが森や緑に移り、

モデルが静かに歩き、

その中で目を引くのは、

服にまつわる職人たちの手仕事、

刺繍、染色、素材、その組み合わせ、

本当に画像で見るだけでもため息が出る。

近くで、手にとって見たらどんなふうかと。

ファッションショーはほんの短い時間、

そこまでの集中力、探究心、そのテンション、

モデル選びから、照明から音響、すべての見せ方、

私も十数回ウエディングドレスのショーを演出したこともあり、

いかに神経をすり減らすかと、その興奮と達成感と、

両方を知り、他にはない歓びも知る。

2013年の色々なショーを見ていると、

最近のフラワーの流れと、

やはりキーワードは共通する。

ナチュラルで、優しいもの。

ただ、優しいだけじゃなく、

そこには自然だからこその苦味や、アクも、

バランス正しく含まれる。

私も、今年も緑をたくさん使って、

色々なところを森に、庭に、

キリッと美しいシーンを作りたいと思います。

2013:01:25 _MG_7827 のコピー

画像は椿。

シャネルの今年のジュエリーのテーマはカメリア(椿)。

amica flowers 今月の講座。

 21日(月) 靭公園サロン 18:00~

 22日(火) 芦屋アトリエ  14:00~

 26日(土) 芦屋アトリエ  10:00~、14:00~

 27日(日) 芦屋アトリエ  10:00~

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ