amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

続フローリストの道具

 

以前、道具について少し書いたことがありますが、

フローリストの道具箱

名匠とバレリーナ

花ばさみには、

パステルカラーの、フェミニンな「アレンジ鋏」か、

華道で使う和鋏か、とにかく、

コレという美しく切れ味も良いものがないと常々思っていました。

そんな思いもあり、

ここ一〜二年くらい、

若きハサミ職人さんに、

オリジナルで花鋏を作っていただいております。

元々が四代続く裁ちばさみ専門の職人さん、

花鋏はチャレンジしたい分野とのことで、

意欲的に、デザインも、刃も、

今までにないものを、と。

試作品を作ってはモニタリング、

微調整を加えて、またしばらく使って、

それを繰り返し、繰り返し、

2012:11:14 IMG_3034

画像は下が初代、上が進化した二代目、

花鋏とひとくちに言っても、

実際いまのところ私は3種類を使い分けているので、

すべてをカバーするのは難しい、

その中の何をメインにするか。

枝モノが切れるように、

その枝の太さはどのくらい、

太くても柔らかい枝もあり、

どの程度の強度にしようか、などなど、

何気なく普段使っているものを見直す、

華道の「道」がつく世界、奥が深く面白い。

左は進化した二代目、

右は祖母の形見の木屋の鋏、

2013:01:22 IMG_3409 (1) のコピー

進化した二代目、

切れ味はかなり良くなったものの、

ある決定的なことが発覚、

根本から修正になる可能性が出て来ました。

硬い枝を切れる「刃」、

そこにこだわって試行錯誤していただいていたのですが、

ポイントはなんと、握りの部分にありました。

シックなデザインのラインが、

さて、どんな風になることでしょう・・・!

そこはハサミ職人でもあり、デザイナーでもある

Tさんの腕の見せどころ。

裁ちばさみから、花鋏への発展、

プラスチックで使い捨てにしているところも多いですが、

できればいいモノを長く使いたい、

職人さんとの新鮮なやりとり、

引き続き、楽しく進めていきたいと思います。

amica flowers 今月の講座。

 21日(月) 靭公園サロン 18:00~

 22日(火) 芦屋アトリエ  14:00~

 26日(土) 芦屋アトリエ  10:00~、14:00~

 27日(日) 芦屋アトリエ  10:00~

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ