amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ツェツェ・アソシエ

 

来週からの講座、

水仙が主役なのはお知らせ済みですが、

今年は花器を手づくりします。

それも、日本の1月らしい素材で。

インスパイアの元になったのは、

フランスのこの花器。

ツェツェ・アソシエの「四月の花器」、

有名なデザインなのでどこかで目にされたかもしれません。

2013:01:18 averil-sizeXL01

ツェツェ・アソシエの紹介ページ

この花器はとても思い出深く、

今から18年前(古い、、)、花の仕事でパリへ行ったときに、

知人が購入したのですが、

旅のガイドをしている方が「新巻鮭ですか?」と冗談を言ったのです。

確かに梱包の箱は平たく細長く、

まさにそんな感じでした(笑)。

今はツェツェ・アソシエのデザインのひとつとして扱われていますが、

まだその組織さえなかったときなので、

当時のものがオリジナルだと思っています。

また、このスタイルの花器には、

日本でも活けたことがありました。

古式ゆかしい場所での、あえての西洋の花。

2010:12:22 101211 018

2010:12:22 101211 023

植物が自然に生えているように、

かつリズミカルに活けられるこのスタイル、

応用範囲も広く、楽しめる花器です。

そう、今回はこのイメージを、

1月の和の素材で手づくりします。

好評につき日程を増やしました。

来週なので、お早めにお申込みくださいね。

 21日(月) 靭公園サロン 18:00~

 22日(火) 芦屋アトリエ  14:00~

 26日(土) 芦屋アトリエ  10:00~、14:00~

 27日(日) 芦屋アトリエ  10:00~

なお、本町教室は靭公園サロンに場所が変更になりましたので、

お気をつけください。

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ