amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

オリジナルのデザイン

 

ネットでなんでも情報収集できるようになると、

何がオリジナルで、何がコピーか、

よほど気をつけてみないと、

本物が分からなくなる。

今日はとあるレッスンのサイトでみたことば、

amicaのサイトでも下記のように書き記しています。

 講座内容、デザインは全てamicaオリジナルのものです。 

 無断転用は固くお断りします。

レッスンの講座内容や、そのデザインについては、

以前から何度か色々なところでコピーされていて、

ある意味仕方ないと諦めていました。

そのうち、講座の内容だけでなく、

私の15年のレッスン経験で練ってきた根幹ともいえる、

amicaのレッスンスタイル」というコンセプトの文面を、

コピペで真似した人物もおりました。

それも近いエリアで。

呆れるというか、なんというのか、

真似されたことで気分が悪いのはもちろんですが、

ひとこと、言いたいのは、

そんな浅ましさで、

命ある花に向かってはいかんよ、と。

とにかく、先へいくしかない、です。

自分が思う美しいものを作っていくしかありません。

そんな勇気をもらえる方、

そのおひとりが、

昨年、わたしのイメージに合わせて、

一点物のバッグを作ってくださったsolusさん!

2012:08:16 IMG_6461 のコピー

モノトーンの服が多いわたし、

漠然と、キミドリが好き、とお話したところ、

どんどんイメージをふくらませてくださって、

19世紀のアンティークボタン(花を運ぶ小鳥がモチーフ)や、

インパクトのあるハラコ素材を合わせてくださって、

ナチュラルで、かつ、エッジの利いたバッグを作ってくださいました。

モノトーンのファッションにアクセントになるうえ、

このバッグひとつで、Tシャツにデニムでもワンランクアップするのです。

使いやすさや楽しさをいっぱいに感じさせてくれるバッグ、

実は開運バッグでもあります。

おかげで、これを受け取った昨年夏以降、

色々な楽しいことが起こりました☆

solus さんの、ものづくりのエネルギーが、

私にも刺激になり、気持ちをアップさせてくれます。

とにかく、前へ前へ、作ることを続けていこう。

さて、そのsolusさんのバッグ、

うめだ阪急の、10階、スーク北街区、

GALERIE le ton du temps(ガルレ・ル・トン・デュ・トン)、

その奥にsolus さんのコーナーがあります。

人気で、新作が発表されるとすぐに売れてしまいますので、

詳細はブログでご確認のうえ、コーナーへ行ってみてくださいね。

ブログでは作品のアイデアも素材合わせもことばも、

オリジナルの強さにあふれています。

http://d.hatena.ne.jp/tsubaki_style/

さて、来週の講座は、白い花。

素晴らしい香りの水仙を使います。

2013年はフランスで生まれた人気の花器、

のような花器を作ります(!)

お楽しみに。

2012:01:23 1201 002

日程と場所は以下の通り。

お申込みはHPのメールボタンから。

 21日 本町教室 18時〜

 22日 芦屋教室 10時30分〜、14時〜

 26日 芦屋教室 10時〜、14時〜

amica flowers

HP : http://www.j-amica.com

facebook : http://www.facebook.com/amicaflowers

にほんブログ村 花ブログ ブライダルフラワーへ