amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

霧島への旅(前フリ・・・)

 

今年の春からか、

ふとしたキッカケで、

ずうっと、頭の中で整理がつかないことがあり、

モヤモヤとした日が続いていました。

そして、忘れていたはずの、

高校生のときのシーンが重なりました。

 朝、近所の友だちとバタバタ準備をして、自転車でギリギリに出発。

 一台の自転車、漕ぐのは私、友人は後ろに、二人乗り。

 (二人乗りもありだった時代。。。)

 高校まではゆるやかな上り坂を7,8分、

 友人を乗せて一生懸命息を切らして漕ぐ私。

 高校の正門が見えたとたん、

 朝の定時のお決まりで、ガラガラと重いゲートが閉まり始めている。

 これで締め出されると遅刻者扱い、

 さらに急いで漕ぐ私。

 が、ゲートが閉まるスピートが早く、急ぐ学生たちもそこに集中して混雑、

 どうしよう、と思ったそのとき、

 友人が後ろから降りて走り、自分だけゲートの隙間に滑り込んだ。

 自転車が通る隙間はもうなくて、私はゲートの外に残された。

 少しバツの悪そうな微妙な笑顔を見せたあと、彼女は校舎へ走って行った。

この話をどう見るか、人によって様々だと思う。

ちゃっかりとした憎めないキャラクターの子に拍手を送るか、

ズルイなあ、と思うか、私のことをドン臭いなあ、と思うか。。。

またはこれは偶然の、なんてことないシーンに思うか。

ただ、この立場が逆で、私が後ろに乗ってたとしたら、

ひとりでゲートを越えることはためらったと思う。

こんな話を思い出して、

今の自分がそのときとほとんど変わっていないことに愕然とする。

いまさら、その友人のような別人格になるのはカンタンではない、

自分のどこを探しても、我先に、という精神はない。

とはいえ、のんびりしていられる時代でもない。

その話から生ぶべきことは、

早く身支度をすること、次の準備をしておくこと。

そして、自分の人生は自分が主役であるということを、自覚すること。

当時は友人に腹を立てたけれど、

その生き方は間違っていないし、清々しいとさえ思う。

彼女は、自分のハッピーを最優先し、いつも陽気で、人に好かれる。

さてせっかく思い出した話、

学びのタネにして、モヤモヤを晴らすキッカケにしようと。

思いがけず、ウン十年も経って、ようやく消化するという驚き。

自分自身を見つめ直したい、

そして、とにかく、圧倒的に強いものに触れたい、

緑の中で、深く、ゆっくりと呼吸したい、

そう思い立って、

霧島への旅に出ることにしました。

(つづく)

HP: http://www.j-amica.com

facebook: http://www.facebook.com/amicaflowers