amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

クリスマスリースを作る時間。

 

気づけば12月。

amica flowers の11月はおそらく1年でも一番忙しいとき。

ウェディングと、クリスマスリースのレッスンと。

前回お知らせしたプリザーブドフラワークリスマスリースのレッスンに続き、

フレッシュなコニファー(針葉樹)で作る、ナチュラルで本格的なリース。

そのレッスン、全日程が終了しました。

例年はデザインを決めて、人数分それを準備していたのですが、

今年は自由に、みなさんそれぞれの今年の気分をリースにしていただきました。

今回初めての、靭公園のサロンと、芦屋のアトリエ、

そして苦楽園ル・ボヌーさんのアトリエと。

1111-2 036

1111-2 119

1111-2 029

1111-2 249

1111-2 256

1111-2 0911111-2 127

材料はこんな感じ、

リボンやラフィア、テイストもメタリックなものからシックなものまで、

今、ざっと数えただけでも30種類、

実モノや松ぼっくり、白樺のオーナメント、大島のサンキライなど、

自然素材のものや、ゴールドやシルバーのワイヤー類など、

装飾のグッズが約20種類、

その中からお気に入りのもので装飾。。。

1111-2 107

1111-2 1601111-2 154

正直、色んな種類をどの会場でも揃える、となると準備はすっごく大変なのですが、、、

それでも、完成した作品を見て、そのワクワクしたリースに感激。

統一のデザインにしなくて良かった!と。

美しく仕上がるコツをいくつかアドバイスして、

完成した作品の数々。

1111-2 064

1111-2 1521111-2 195

1111-2 2861111-2 287

1111-2 2581111-2 263

1111-2 2661111-2 267

1111-2 2691111-2 272

インテリアの好みも、今年の気分も、みんな違う、

その自由な表現を大切にしたい、と改めて実感したレッスンでした。

見本のない中での、自由な発想。

土台のリース作りは程よく手間ひまもかかります。が、

みなさん、とにかく、楽しそうでした。

私も大切に作られたリースをたくさん見ることが出来て、新鮮な驚きに出会いました。

「忙しくなる時期だからこそ、何かに集中して過ごす時間がありがたかった」と、

生徒さんのその一言も嬉しかったです。

もっと、よい時間になるよう、色々と工夫していきたいと思います。

(作品はごく一部です、写真撮りきれなかった方、ごめんなさい)

なお、

素敵な花嫁さんとブーケ、レッスン風景はFacebookにアップしています。

下記ページの右上の「いいね!」のボタンをクリックすると、今後も更新のお知らせが届きます。

(お知らせがほしい方はアカウント登録してみてくださいね、簡単です)

http://www.facebook.com/amicaflowers

では、みなさん、よいクリスマスを☆

今年もあとは「amicaのプチ芦屋ジャック」やウェディング、〆はお正月のお花・・・amicaサイト