amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

フローリストの道具箱

 

今日、ひさびさにピンセットを使うことがあって。

そんなこともあって、ふと、道具箱を見て、

レギュラーにしている道具が多いなと・・・。

ヴィクトリノックスのフローリストナイフを始め、

用途に応じて、どれもよく使うもの。

11mar 192

このほかにも、ノコギリ、大きなカッターナイフなどなど。

それにしても、上の、タジカさんの裁ちばさみ、手作りの温かみが美しい。。。

あと、こないだ気付いたのには、

ワイヤー類は、20種類くらい、

テープ類は、10種類くらい。

色々なモノ、作りますので、必要なんです。

たとえば、スワロフスキーとプリザーブドで作るクラウン。

07sep 154

様々な個性を持った花をつなぐ、ショルダーブーケ

081026 003

数十本のユリだけで作る、ドロップブーケ。

100926 092

花嫁さんの、エアリーなヘアスタイルを、蝶のように、軽やかに飾る、花たち。

08apr 064

花自体の強度、重さ、

用途での強度、表現、など、

様々なことを考慮して、道具を使い分けるわけです。。。

さて、久しぶりにピンセットを使ったのは、

ユリの花粉取り。

まだつぼみが開くかどうか、という段階で、

黄色い粉が吹く前に、ピンセットでつまみ出す。

開花調整してようやくこの週末に間に合いそう。

この週末は、

婚礼が、神戸、大阪、と、色々とあり、

新しいお店の盛大なオープンお祝いの桜の活け込みもあり、

いつも通りのギフトフラワーもあり、

そして、

「小さなウェディングブーケ」のレッスンと、

女子力をアップさせる「フレッシュピンクのアレンジ」のレッスンもあり!

11mar 187a

精鋭スタッフと二人で、ガンバリます!

この週末お会いする、

花嫁さん、

生徒さん、

そして、お店のオーナーさん、

素晴らしい花材満載です。

お会いするのを楽しみにしております。

私はユリを満開に、花宇さんでは本桜を7分咲きに・・・・・amica公式サイト