amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ウェディングブーケのレッスン

 

私の仕事のルーツでもあり、

もっとも大切にしている仕事の一つでもある、

ウェディングブーケ作り。

これは知れば知るほど奥が深く、

「花」の仕事の範疇に留まらないことが分かる。

美しいウェディングドレスを着て、

プロのヘアメイクによって仕上げられる、

輝きを放つ花嫁、日常にはない、フォーマルなスタイリング、

そのときに、手にするブーケ、

婚礼の日のウェディングブーケ、ヘアコサージュというのは、

ファッションの一部にもなり、

ヘアアクセサリーの一部にも、ヘアスタイルの一部にもなる、

全身のバランスを左右する重要なアイテム、

それは、主張し過ぎず、

何より、花嫁自身の美しさと個性と幸福感を、最大限引き出すアイテムでなければと思う。

とはいえ、大抵のお花屋さんが、

他のギフトやテーブル花などと同じように、

数々の作業の中でさらっと作ってる、、、

丸くキレイに作れるのももちろん大切、

でも、ウェディングブーケに関してはそれだけじゃプロの仕事ではない。

そんな、語りだしたら止まらないようなアツい思いで始めた講座、

「ウェディングブーケコース」

基本の形をより美しく作るポイントを始め、

あらゆるデザインや、オリジナルなものも含めた手法について、

全てを網羅した、11回の講座。

予想していなかったことですが、

受講生の7割がフローリスト、

他のお店で実際に様々な商品を作ってるプロの方々。

さて、そのお一人の方が修了されたお話。

各講座、それぞれに優秀な出来栄えで、順調に。

ローズメリア、カラーのアームブーケなどは難なくこなして。

bq-inai a017bq-inai a007

そしていよいよ、最終の11回。

自分で自分のウェディングをイメージしてドレスを選び、

ブーケのデザインも決定する。

その生徒さんが選んだのは、ロマンティックでクラシカルなドレス。

101217_204352_20110311002412.jpg101217_210345_20110311002411.jpg

お花の「色はお任せ」、「形はクラッチブーケ」とのリクエスト。

なので、ドレスのイメージに合わせてモーヴ系のシックな色合いをたっぷりと揃えてみました。

その生徒さん、美しい色合いに大喜び、喜びいさんで腕まくりで作り始める。

bq-inai a026

同系色の素材を、硬い質感のもの、柔らかい表情のもの、あえて取り混ぜて、

その中からどう選び、どう組むか、

技術を持った人なので、2回目までは黙って見守る。

第一回目に組んだ(左)、そして、第二回目(右)の作品。

amica2 a001bq-inai a024

bq-inai 025b

同系色を束ねれば、ある程度のまとまりにはなるし、丸く組んではいる。

決して「ダメ」ではないし、この段階で納品する花屋さんはあると思う。

でもこれで150点満点か、というと、違う。

組んだ本人も納得がいかない様子。

何か足りない、では何が?

それは、「感動を与える美しさ」。

そこでアドバイス

素材の質感の相性(グズマニアの強い線、トルコキキョウのフリルなど)、

同系色の中にもアクセントを(トルコキキョウのグリーンのつぼみ)、

ドレスの印象に馴染むようなニュアンス作り(スモークグラスを使う)、など

素材をしっかり見ること、ドレスとのトータルのデザインを作ること、

そのアドバイスで完成したのがこちら。

bq-inai a039

同じトルコキキョウやカラーをメインにしても、

合わせる素材によって、またはそのレイアウトによって、

表情が全く変わって見える。

ピカソというカラーの淵の色と、

トルコキキョウのつぼみの色、そのリンクを見逃さず、

その色と隣り合わせにして引きたてる実モノは何か、など。

じっくりと、丁寧に組み上げて完成。

とても良い練習になったのではないかと思います。

ところで、

ブーケが完成したところで「ドレス風ワンピ」に着替えて写真を撮ったのは、

イナイ君、あなたが初めて(そして多分最後w)ですよ!(笑)

大喜びでアタシも嬉しいけど!

bq-inai a044

そして。

なんと、これには後日談があって、

この数日後、このブーケを持って(多分このワンピで)

結婚式以来初めて、約10年ぶりにダンナさんと写真館で記念写真を撮ってもらったらしい。

良かったね~^^

実際の結婚のときのブーケがステキじゃなかったことのリベンジも出来たとのことだし。

何より夫婦円満に一役買いました!

ウェディングブーケレッスンの講座、

引き続き、お申込み受け付けております。

日程や受講内容は個別に相談のうえ、決定となります。

平日、週末、短期で、など、お気軽にご相談ください。

既に結婚式してブーケ持ったけど、そのお花が「不本意だった!」という方も是非♪

ウェディングブーケコースの詳細はこちら。

トップページの乙女椿、可愛らしいと評判です。・・・・・amica公式サイト