amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

木瓜の夢

 

木瓜(ぼけ)

学名にはspeciosa(美しい、華やかな)という言葉が付いている、バラ科の花木。

今年は和の花の活け込みが増え、

「なでしこ講座」もあって、例年以上に木瓜と深く関わることが出来ました。

(画像の木瓜は全て花宇さんより)

11mar 037

11mar 079

IMG_5182.jpg

これほど美しい花なのに、

同時期の梅、桃、桜などと比べ、

ややマイナーなイメージがあるのはどうしてなんだろうと。

活ける、という観点から見ても、その花たち以上の魅力も大いにあるというのに。

理由を想像するに、

ひとつには「大きくなるのに時間がかかる」ということ。

大きな木にたっぷり花が咲いていると、

その華やかさに、多くの人の目に触れ、賞さんされることになる。

木瓜は、10年単位で少しずつ幹も太くなり、剪定して初めて樹形も整ってくる。

木瓜の立派な大木を見かけないのは、そんな理由から。

二つ目の理由として、その「鋭い棘!」も原因のひとつ。

そして、三つめ、「ぼけという名前」もプラスとは言えないかな。。。

必ずシーズンの初めには、市場でベタな冗談が飛び交う(汗)。

そんな理由はあるとしても、

この花はその美しさで、見た人を確実に魅了する。

もっともっと、この花の良さを知ってもらうために、

また今後も棘に負けずに、活けたいと思う。

そういえば、花宇さんで、

樹齢50年くらいの、とびっきりの木瓜を見せていただいた。

背丈は140センチくらい、幅は120センチくらい。

幹の色は灰色のような美しい色、枝ぶりも長年の手入れが伝わってくる見事さ。

そして、何より、緋色の、おびただしい数のつぼみが、逞しい枝にびっしりと。

朱赤とも違う、これぞ「緋色」、さぞや咲いた姿は。。。。。

その日は桜や桃、上の画像の木瓜を買ったり、様々な桜を見せていただいたり、と

花宇さんでまた濃厚な時間を過ごしたのですが、

最後にもう一度、その緋色の、樹齢50年の木瓜を前に、

しばらくの間、咲いたところを想像して一人別世界に行っておりました。

いや、もう、想像だけで美味しいお酒が飲めそうです。

夢に出てきそうなその木瓜

欲しいから買います!と言えないお値段だったので購入には至りませんでしたが、

どんな風に咲くのか、どうしても気になって気になって。

大きな花展で飾られるのか、どこかのホテルか、木瓜の展覧会か、

ちょっと追跡して、是非とも開花を見届けたいと思います。

写真撮れたらまたココで。

ところで、その花宇さん。

半月ほど前に訪れたときに、私が口にした乙女椿のことを、

ちゃんと覚えていて下さって、こちらから言わなくても「今日はありますよ」と。

花宇さんは清順さんが素晴らしいのはもちろんのこと、

スタッフの方全員がいつも感じよく、対応も丁寧で本当にありがたい。

そして、いよいよプラントハンター西畠清順さん、今度の情熱大陸に登場!

情熱大陸サイト

そしてその乙女椿、今月のトップページを飾ってます。

amicaのサイトはこちら。

女子力上がりそうな、屈託なく素直な乙女たち、本当に可愛い。