amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

やまとなでしこ元年

 

遅ればせながら、

新年あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い致します。

年始はゆっくりとスタート、と思いつつ、

早々にご注文もいただき、

お店も通常営業が始まり、

いよいよ、始動いたします。

今年は新しい講座を予定しております。

「和のお花」の美しさ、その色合い、風情、そして強さ。

その魅力に、しっかりと迫っていきたいと思っています。

昨年、様々なご縁から、和のお花により深くかかわる機会が多くありました。

それは、今まで以上に、素材と真剣に向き合うもの。

アレンジする、というよりは、

「活ける」ということを、

悦びを持って噛みしめた一年でした。

その深い味わいを、是非、レッスン生の皆さんにも堪能していただきたい、

そして、出来るだけ、本物、上質のお花で。

12月13日に、プラントハンターの清順さんのところで購入した木瓜(ぼけ)の花、

まだまだ美しく、次々と咲き続けています。

元々、木瓜は強いのですが、それでも、小さなつぼみまでも、

全て咲かせ続けることは、経験上、全く、驚きです。

素材の持つ、底力が、全然違う。。。

11jan.jpg

輸入の花たちも、もちろん、豪華で美しく、素晴らしいです。

ですが、ここで、改めて、日本の花たちを、しっかりと見つめたいと思います。

最新の研究で、

日本の自然の豊かさが、ほとんど「奇跡」だということが分かってきたようです。

紅葉の美しさは世界一、その理由が解き明かされてきました。

これ、アーカイブで是非ご覧いただきたい。。。

NHKスペシャル「日本列島 奇跡の大自然」

そんな奇跡的に自然の美しい国にいること、

それを改めて、享受したい、

というわけで、

やまとなでしこ元年。

10dec 186

10dec 008

画像上:椿(西王母

画像下:古典菊(伊勢菊、嵯峨菊、日の岬菊)、実葛

これら、椿以外は、実はどれも、お花市場で流通していない素材ばかり。

特別な手配でしか扱うことがありません。

枝ぶりや茎が曲がっていて、画一的でないから、大量に捌けない、それも理由、

そして、元々、大量生産していない、ということもあります。

そんな、特選の素材、

それはどれも逞しく、日持ちするものがほとんど。

春、夏、秋、冬、

それぞれに一回ずつ、「和の花」の講座を、と考えています。

皆さん、

やまとなでしこ

是非ご一緒に。

まずは2月、枝に咲く花たちが続々。

詳細は近日中にHP上でご案内致しますのでお楽しみに。

こちらは餅花、美しい柳も清順さんのところで。

今年も更なる進化を遂げる、茶屋之町の永来権さんです。

11jan 001

今年も、素晴らしい花たちと、楽しい人達と、味わい深い美味しいものと。・・・・・amica site