amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

静かな7月には。

 

どこのお花屋さんも、

この時期は少し静かで、市場の荷も少なめ。

特にお花に関する大きなイベントもなく、

お盆という繁忙期の前の水面下の準備期でもある。

さてamicaは、というと、

レッスンと、定期の活け込みと、ウェディングと。

それに加え、サイトを少しリニューアルするに当たり、

画像の整理や準備を少しずつ進めています。

なかなかアップ出来ないでいるレッスンのページや、

美しさと輝きを放つ花嫁さんたちのページが、

少しでも早く、それも見やすく、

という、HOTなサイトに生まれ変わる予定。

ウェブデザイナーさんは名人、センスも人柄も素晴らしく、

そして、明晰な方。

そのウェブデザイナーさんも含め、

「ホンモノ」の強さにココロ打たれることの多い日々、

そのたびに自分も、と、自身を奮い立たせています。

気合いを込めて「ホンモノ」を提供することは、

そして何より、それを続けることは、

どんどんハードルを上げていくことでもあり、

相当なエネルギーを要するもの。

ただ、そうすることでお客さん側にも「ホンモノ」を知ってもらい、

その良さが伝わることで業界全体の底上げが実現する、という、

長い目で見ての、大きな役割を担うわけで。

自戒も込めて、

業界の一端として事を始めたからには、

その役割を真摯に果たそう、と。

(画像はここ2カ月のレッスンのごく一部です)

1006 a0541006 a080

1006-2 a0461006-2 a024

1007-k a0181006-k a033

1007 a1271007 a0631007 a120

それぞれの花たちを、

一番良い状態で、レッスン生の皆さんに届けよう。

私は天職を、

花の仕事を、これからも大切にしたい。

花嫁さんやレッスン生の皆さん、AKBならぬ、AMC48(笑)としてこれからもご登場ください。・・・amica公式サイト