amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

北の国から

 

今日は、

ついテーマ曲が「あ~あ~~~♪」と聴こえてきそうなタイトル、

北の国から

そう、富良野

湿度の高い関西人(笑)の憧れの地、

梅雨のない北の国

そこから届いた、

ラベンダー。

10july a027

10july a030

10july a031

10july a028

今、アトリエは癒しの香りで満たされていて、

まるで夢心地。。。

それをせっせと束ねて吊るし、ドライフラワーに。

またはサシェに。

10july a033

市場のお兄さんも、

その扱いをあまり知らない、

期間の短い、ラベンダーという花。

ずいぶん前の、夏の2週間ほど、

富良野の冨田ファームでラベンダーに囲まれながら、

多くのドライフラワーのアレンジを作ったことを思い出す。

それから数年して、

プロバンスの旅の最後に訪れた、

修道院セナンク。

そういえば、プロバンスはどの町も、何かしら花の香りがした。

senanque01.gif

香りと記憶は密接に関わっている。

ラベンダーの香りを嗅ぐと、

癒しの感覚と同時に、無性にどこか、緑の多いところへ旅に出たくなる。

ひとつでも多くの香りが、

様々な印象深い思い出と共に、

より深く沁みている、

そんな風に生きられるって、いいなあと。

ラベンダー、おひとつ、いかがですか?

欲しい方、お早目に。

香りが伝わったでしょうか?・・・・・・・amica公式サイト