amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

5月最後の日曜に色々と。

 

ようやく暖かくなり、

夏の予感が感じられる今日このごろ。

多忙な日々を終えて、

ここ最近、仕事もしつつ、小休止もしつつ。

様々な方との会食や茶話会もあり、

新しいお店のオープンもあり、

活気づく毎日。

車検から帰ってきた愛車カングーのリュウさん号、

特に大きな修理もなく、4年目に突入。

今日は発送のギフト商品を配送業者さんへ持ち込み。

FMで色々な映画音楽が流れていた。

車検。私にとっては小さくない出費、

フリーランスで、自活して、車を保有して、

そういうジョシはほとんどおらず、

(見渡しても、皆無ですw)

こんなガラパゴス的?な私のモロモロ、

分かりあえる人は実はあまりいないけれど、

ただ、共感や実感はなくとも、

ココロを砕いて理解を示してくれる人たちは、

ありがたいことに、たくさんいる。

人の境遇は様々で、

これまでの人の歴史も様々で、

それぞれに、それぞれの考えがあり、日々、生きている。

1歳半の元気な男の子の子育てに追われるお母さん、

出産を控えたニンプさん、

国際結婚を決めた生徒さん、

新しく人生をリスタートさせ、自身のショップを始めた女性、

結婚数年して、待望のおめでたのご夫婦、

毎日が真剣勝負の店主さんたち、

人生長く生きると、

そして、人のココロに思いを重ねていると、

それぞれの思いを、少し感じられたりする。

とはいえ、実際にその人生を経験していない限り、

周りから分かった風に言うことは、

ましてや批判的に言うことなどは、

控えなければ、と思う。

さてそういえば、映画音楽で色々と思い出した。

先日ランチしながらたくさんおしゃべりした方、

「最近、なんだか眠りが浅い」とのこと、

いつもとっても朗らかで楽しい方だけに気になり、

ふと、YoutubeでDanny Boyを聴いてみる。

この子守唄で少し眠気が訪れるかな。。。

このステファン・グラッぺリで、

お気に入りの曲があった。

映画「5月のミル」のサントラ。

ギターのジャンゴ・ラインハルトとの軽快な掛け合いが、

初夏の、カラリとした季節にピッタリ。

自転車に乗って、緑の中を走りたくなる。

511dv8nufrL__SL500_AA300_.jpg

ルイ・マルを始め、

ヌーベル・ヴァーグの古い映画を、

まるで激しいのどの渇きを潤すように、

20歳前後にたくさん観たことを思い出した。

トリュフォーの映画「突然炎のごとく」のこのシーン、

言葉遊びのような歌詞の中に、生きて行く切なさも漂う。

Youtubeで観れる幸せ。。。

明日から6月、水無月です。

色んなことあって、

楽なことばかりではないですが、

雨が降っても、こんな気分で。

動画を是非。

1220view017.jpg

この、踊っているジーン・ケリー

 「アステアがいなければ、私はナンバーワン、

  でも、アステアがいなければ、私は踊っていなかった」と。

良きライバルがいてこそ、磨かれることも多いにあり。

アステア、とは、もちろんフレッド・アステアのことで、

そのエレガントで美しいターンにはうっとりする。

手足の長いシド・チャリシーと。

この間観た長谷川等伯といい、

色褪せないものを栄養にしながら、

大切な人達に囲まれて、

ものごとに感謝して、

先を見据えつつ、

丁寧に、楽しく。

5月の最後の日曜に。

今日朝は某所で某会議・・・・・・・・・・・・・・・amica公式サイト