amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

こんなときこそ。

 

世の中、明るい話題は少ない、

大至急議論されなければいけないことより、

黒い疑惑を延々と追及しているし、

将来への不安が重たい灰色の雲のように頭の上に垂れこめていて、

息苦しさ、閉塞感に包まれている。

実際に、

いつも見かけていたお店が空き店舗になっていたり、

お気に入りのブランドが日本から撤退していたり、

明らかにお給料が減額になった人もあるだろうし、

配置転換で慣れない業務に就いた人もあるだろうし、

人員が減った分、仕事が増えてしまった人もあるだろうし。

とはいえ、

実際の数字以上に、

気持ちの面でマイナスを感じすぎていないかと。

ついつい、

ネガティブなことを口にしてしまっていないかと。

確かに、

話さなければ抱えきれないこともあるし、

話すことで、聞いてもらうだけで、救われることも多い。

ただ、自戒を込めて言うと、

ネガティブなことを言うことは習慣になりやすい。

たとえば人や物事の批判、

良いところよりも悪いところを見つけて指摘すること。

それは一見、本質を見抜いているかのように錯覚してしまうけれど、

それを繰り返していくうちに、周りにはネガティブなオーラが充満する。

ある方のこんな言葉があった。

 「ネガティブなことを言ってる自分を客観的に見たら、カッコ悪いと思うから言わない。」

この言葉を聞いてすぐの私は、

ネガティブなことを言うのもある部分面白かったり、

毒を吐きたいことも多々ある(?)し、など、

少しキレイごとに聞こえたのですが。

または、ある意味ナルシスティックに思えるな、と。

しかし!

この言葉を約1カ月ほど噛み砕いて色々考えていくうちに、

決してこれが綺麗事ではなく、

自分自身を、美しく、前向きに、律することだ、と。

この、

「自分自身を、美しく、前向きに、律する」ということは、

精神的なことだけではなく、

様々な面で全てにおいて大切なことなのではと。

たとえば着るもの、

とにかく破格のものに飛びつき使い捨てにするよりも、

何年も使える良いものを大切にするとか、

同じお料理をいただくにしても、ひと工夫して盛りつけたり、

家族をいつもより少し思いやるとか、

少しだけ早く起きて歩くとか、

美しい姿勢で過ごすとか。

なんでもよいから、

ネガティブの渦に巻き込まれないよう、

自分の周りに良い「気」を呼び寄せるように、

日々心がけて。

そしてもちろん、

こんなときこそ、花を飾ろう、

それがほんの1リンでも。

花の持つ、みずみずしい生命力が、

日々の心のありようを、

少し、穏やかにしてくれると思います。

a08feb 122a08jan 081

a09mar.jpg

a0902 006

a08jan 056

09mar 256

で、

amicaのアトリエ開放日。

  1月 26日(火)

  2月  9日(火)、16日(火)、23日(火)

2月2日を除く、毎週火曜日

各日とも、11時~18時

和みにいらしてください。

最後に、

最近、温かいインナーについて質問を受けましたのでお答えしておきます。

ヒートテック(=普通のカットソーです。当社調べw)よりも断然、

ブレスサーモ、光電子サーモスタット、などの素材が信頼できます。

日本から撤退してしまったD社のサーモラクティルが入手困難な今は、

ノースフェイスやミズノなど、アウトドアブランドの製品がお薦め。

心も体も温かく、美しく・・・・・・・・・・・・amica公式サイト