amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

ボレロと運梯(うんてい)

 

前回、玉置さんのことを書いたら

すっかりドン引き?されたようで「らしくない」とまで言われた私です(笑)

では、誰のことを書けば、私「らしい」のかしら・・・?

そんなことを考えつつ、最近、ふと思いついて公園で続けている運梯の練習を。

いや、運梯どころか、ぶら下がりさえ10秒でアウトだとは、

自分の体力のか弱さ、というか、衰え(・・・)にガクゼンとしたのと、

これではファイト~一発、というシーンであっけなく谷底へ落ちてしまう、と、

色々な意味でも、以前は得意だったはずの運梯を日々少しずつ思い出すために、

ぶら下がり健康法←昔あったような、を続けているのです。

(ただし、人目につかないタイミングで、笑)

それはさておき、

日曜の晩は日曜美術館のあとに「N響アワー」という番組がありまして、

昨日はガーシュインラヴェルストラヴィンスキーの特集だったのです。

オープニングにはラヴェルの「Bolero」、

ガーシュインに出会って書いたとされるそうです。

この独特のメロディと構成が本当に癖になるんですが、

ふと、この曲を聴くと思いだすことがあります。

ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、

昔、フィギュアスケートアイスダンスでこの曲が使われたんです。

とある方が、

「トービル・ディーン組でしょう」

と即答、私もそうそうそうそうそう!!!と大喜びしたもんです。

そういうの、すごく嬉しいですよね。

いつのオリンピックか調べてみたら、

なんと、今から26年も前、1984年のサラエボオリンピックでした。

私は、当時、ざっくり、子どもですが、

その演技に、まるで雷にでも打たれたかのように、

身動きも出来ずに見入って、すっかり引き込まれたのを覚えています。

おそらく、「Bolero」を聴いたのもそれが初めてだったと。

アイスダンスに限らず、

フィギュアでは3分以上の長い演技になると、

様々な趣向を凝らすためにも途中で曲調を変え、

見る側にも飽きないように演出するわけですが。

でもその演技、

ボレロだけ、全編、ボレロ一色です。

同じリズムと旋律が繰り返され、

次第に高みへ登っていくような構成。

アイスダンスはロシアのチームが、

その強いバレエ色からも印象的なのですが、

このトービル・ディーン組はイギリスのペア。

ロシアのペアとは違った、独特の気品ある雰囲気、動き。

そこには、大人の男女の情愛が語られています。

ご覧の通り、芸術点で満点を。歴史に残る演技です。

Youtubeは素晴らしい。

そしてなんと、このペアは2006年にも何かのイベントでボレロを!

多分、お二人とも50歳目前です。

やはり日々の鍛錬ですね!

私は引き続き、公園でぶら下がります(笑)

続ければ記録更新するものですね。というか、今日は「らしかった」かな・・・・・・・amica公式サイト