amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

抱擁

 

先日くらい寒さが厳しいと、

温かいものって言われて思いつくのって、

やっぱり、

抱擁、

ですよね、

とか言える人になってみたい(笑)

いや正直、

断然、お風呂でしょ!

今日はしかし、たっぷりと、「抱擁」の話。

芦屋に先月オープンしたワインもお料理も美味しい、

その名も「Embrace」、抱擁という名前のお店です。

091220_2317~01

Embrace(アンブレイス)のサイトはこちら

まるでお家に帰ったような安心感を、という意味でこのネーミングになさったそうですが、

その居心地の良さはまさしく温かく包まれる感じ、

この大きなカウンターはアフリカンチェリーだそうで、

人の心地よさの色合いも広さも高さも、全てポイントが押えられてるような気がします。

週末の夜ともなるとカウンターには大人な地元のご夫婦が並び、

ワインを楽しみながら、美味しいお料理もつまむ、

そして、お隣どうしで友達になったり。

60代のとてもオシャレでステキなご夫婦同士、

「最近は○○から△△まではTGVでつながって便利になりましたよ」など、

なんだか芦屋らしいなあ、という風景。

美味しいワインと、お料理と、オーナーご夫婦との会話にすっかり酔いながら、

ふと、Embraceという言葉からガーシュインの曲が思い起こされる。

Embraceable you、とてつもなく甘い、甘~いメロディ。

蕩けるようなギターの音色でどうぞ。

そして歌詞も。

Embrace me

My sweet embraceable you

Embrace me

You irreplaceable you

私を抱きしめて

抱きしめたくなる可愛い人

私を抱きしめて

何ものにも代えがたい大切な人

歌ならサラ・ヴォーンか、チェット・ベイカーが人気ですが、

珍しいコニー・フランシスの歌声を。

(動画はあまり気になさらず)

クリスマスイヴの日に、

たまには甘~いことを書いてみました。

Have a Merry X'mas !

え?私のイヴの過ごし方?!オシゴトオシゴトな・・・・・・・amica公式サイト