amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

X'masへのカウントダウン

また、すっかり半月が過ぎ、

12月も後半に突入です。

例年ほど忙しくないような気がしつつも、

クリスマスを彩るレッスンはやはり欠かせないし、

婚礼、イベント、などなど、慌ただしく過ぎていきました。

今年は初めて「クリスマスツリー」を生花で作る講座がありました。

なかなか面白い素材もあり、作業的には少し大変だったかもしれませんが、

ナチュラルでボリュームのあるツリーが完成し、

皆さんのクリスマス準備も完璧、という感じでしたね。

0912 003a

0912 016a

0912 013a

12月も婚礼が数件ありました。

やはり時節柄、赤系が人気です。

09dec 065a

09dec 067a

いつもの活け込みもクリスマス仕様に、

09dec 013

そして、人気の和食のお店にはシックなリースを。

どこのお店か、当ててくださいね。

ヒントはご近所、です☆

というか、大将が画像に写ってますね(笑)

正解はこちらをクリック。

09dec 026

今回初めてお声かけていただいたところでの出張レッスンもあり、

お忙しい主婦の皆さんに、

針葉樹の香りの中で癒しの時間を過ごしていただきました。

09dec 073

09dec 071

普段のお礼、お歳暮としてのお花もあり、

少し早目のクリスマスプレゼントもあり、

贈り物のシーズンとして、たくさんのお花が贈られました。

09dec 021a

09dec 040a

また、私の住む界隈には新しいお店もお目見え。

移転したパンタイムのあとにオープンした珈琲豆専門店、「Rio」さん。

その開店のお祝いにご依頼いただいたお花。

RioさんのHPはこちら

09dec 032a

芦屋川には新しくカフェが、先月末にオープンしています。

Cafe BRADIPO & shop ESSENZA、

美味しい珈琲、そして紅茶も美味しい、

軽食たちもオーガニック野菜(by CA)のキッシュやケーキなど、

ついつい長居してしまうお店です。

ブラティーボさんのHPはこちら。

あ!ちなみに、

10月に移転した新しいパンタイムの場所ですが、

以前のところから南へ、信号(鳴尾御影線)を神戸方向へ。

少し行くと右手に見えてきます。

今日、問い合わせの電話があったのでお知らせしておきますね(笑)

さて、最近の、お花以外の感動タイム、

先日、久しぶりに(とはいえ夏以来)、たなかりかさんのライブを聴きに。

12月に入ってすっかりクリスマス仕様になったレフトアローンにて。

しっとりしたX'masソングを中心にしながらも、彼女ならではのパッションも弾ける。

ものすごく楽しくて楽しくて、なのに、また私は(笑)泣いていました。

歌には悦びも哀しみも、愛も絶望もあり、どの曲も趣深い。

「人生を謳歌する」という言葉に「歌」が使われていることを思い起こさせ、

歌うことと、生きること、それがとても沁みた時間でした。

091211_2235~01

もうひとつ、特筆すべきことは、とあるBARに感激したことでしょうか。

あまり夜に出歩くことが少ない(?いや、ほんとよ)ワタシなので、

バーとはいってもワイン系か、フルーツカクテルで有名なお店か、でしたが、

なんと、「ウィスキーエキスパート」がいるバーが、徒歩圏内にあったのです。

そこで初めて、せっかくなので、やはりここはひとつ(言い訳長い)、

美しいグラスに、ストレートで、ただし、チェイサーを2杯もいただいて、

なんとかという、桃の香りのする、希少なスコッチウィスキーをいただいたのでした。

大人な皆さんはよくご存知かと思いますが、

ウィスキーをストレートで味わうには、

口に含んで、ゆっくりと口の中をコーティングするようにし、

鼻から息を吸って、口の中に広がる香りを楽しんだあと、

ふた口くらいに分けて飲む、という。。。

(38年物の、名前を忘れてしまいましたが、大変な美味と芳香の逸品でございました。)

芦屋というところは、全く、奥深い。。。!!!

そういえば最近観た映画で、

なぜかイギリス人の俳優さん(ヒュー・グラントジェラルド・バトラーなど)が気になり、

英国人男性の上品な素敵さを再発見しており。

スコッチウィスキーといい、独特の文化があってよろしいですな~。

その映画の中でもこの時期にぴったりのコレがお薦めです。

「ホリデイ」

女性が監督、というだけあって、

女性の目線で、ものすっごくリアルに描かれている部分があり、

女性一人で観ても、カップルで観ても、

楽しめる、元気の出る、良い映画だと思います。

20070208006fl00006viewrsz150x.jpg

55119rsz150.jpg

引用されているシェイクスピアの言葉が印象的。

 「Journeys end in lovers meeting」 愛に出会えば、旅は終わる

ジュード・ロウも英国男性☆

それにしても、甥っ子にすごく似てる件!

今回も、えらく長くなってしまいましたが(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さま、良いクリスマスを。・・・・・・・・・・・・・・・・amica公式サイト