amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

史上最大のブーケと京都ランチ

 

あれ?11月はどこへ行った・・・?(笑)

と思ってしまうほど11月は早く過ぎていき、

もう、今年も残すところ一か月を切り、

恒例の松の市が動き、

今年の流行語大賞も決まってしまいました。。。

11月の後半、

イベントに婚礼に、レッスンに。

そうです、私自身の、史上最大のブーケを作ったりしておりました。

胡蝶蘭が通常サイズのブーケの約3倍、大きさやボリュームは倍、、、

純粋に、他の花を使わない、グリーンさえも混ざらない、胡蝶蘭だけのブーケ。

09nov 074a

お色直しには大輪の赤いバラとダリアをふんだんに使って、

ヘアアクセサリーにはブローチも合わせたメリアを。

メイクの久保木さんのアイデアには今回も感動!!!

091121_1342~01

09nov 082a

二次会のブーケにはイヴピアッツェ、新しいイヴピンク、ほうさき紅などを束ねて。

09nov 079a

午後からはリッツカールトンへのブーケ制作。

ほのかな甘い香りのユーチャリスをたっぷりと。

こんな風に、真綿に包まれて、輸送されているんです。

09nov 072

09nov 086a

お色直しにはリストコサージュ、ピンクのバラを数種類使ったメリア。

09nov 087a

また、大切な生徒さんのご結婚で、

全面的お任せと、ボールブーケ、というリクエスト。

09nov 038a

09nov 040a

11月後半はクリスマスリースのレッスン、基礎コースのレッスンもあり、

0911-2 006a

0911-2 013a

0911-2 019

奥様グループのボリューミイなアレンジレッスンもあり、

0911-2 028a

大切な方へのお供えのお花もあり、

09nov 103a

毎年ご注文をくださる愛妻家の方の結婚記念日のリースもあり、

09nov 092

そんな書ききれない、様々なお花に携わり、

11月後半が過ぎていきました。

合間には色々なお楽しみが☆

ウエディングでお手伝いさせていただいたチームを、

京都の「おくむら」に招集してくださった優しい夕衣さん。

4人でキャッキャ言いながら、むせ返るほど美味しいお料理に舌鼓。

091119_1316~01

京都おくむらのHP

某所での50回記念&上海ガニのパーティ。

友達が友達を連れて、色々な人とゆるゆる過ごす、というコンセプト。

そんな決まりのない会とはいえ、月一回、50回も続けるということ。

批評や意見を言うのは簡単だけれど、とにかく継続していくということの大切さを、

この日集まった人たちの表情を見て感じたのでした。

次は100回記念目指して☆

091122_2227~01

そして、あるときは神尾真由子さんのコンサートへ。

前評判として、神尾さんの演奏時間が短いとか、色々聞かれましたが、

ヴィヴァルディの四季が、これほど生命力を帯びて聴こえたのは初めてで、

生で聴く神尾さんの、神尾さんにしか出せないヴァイオリンの音に、

私はずっと涙を拭いながら、滲むステージを見つめていました。

09nov 116

神尾真由子さんのHP

さて、11月の最後には、

10月12日に開催された「あしや・いち」の収支報告会と昼食会が。

仕入れもあって報告会には参加できなかったものの、

昼食会と、そのあとの楽しい楽しいおしゃべりタイムに合流させてもらいました。

茶屋之町の、桜並木が美しく紅葉して、

まるで縁側でお茶しているような気分、ここは本当に素敵な場所だと再認識。

091130_1309~01

091130_1309~02

ブログはこまめに書かないと長くなりますね(笑)

さて、この12月はどんな一カ月になるのでしょうか。

皆さま、忙しいと思いますが、

そして、何かと街は浮かれますが、

様々な時間をゆっくり堪能して、

今年をいい感じで締めくくりましょう。(いい感じって)

来月は2010年・・・・・松の段取りをします。・・・・・・・・・amica公式サイト