amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

長い旅

 

思えば10年が過ぎていた。

自分の居場所を探して、やりがいを探して、

自分の命を燃焼させるものを探して、

周りのみんなが迷いなく進学したり就職したり、という中で、

自分には何が出来るんだろう、と、

一人立ち止まって考え込んでしまった。

家族は、失敗しても良いから好きなことをすればいいよ、と、

温かく励ましてくれたものの、

自分が何をしたいのか、具体的には分からなかった。

それでも、何か美しいもの、感性に響くものにはアグレッシブで、

その栄養は日々の栄養以上に必要だった。

興味は自分へ、自分の内面へ向かうために、

他人にはあまり興味が無かったし、心も閉じていた。

他でもない自分自身のことだけに、逃げようがない。

何かで気が紛れることもなく、暇つぶしの趣味など興味も無かった。

仕事は何がしかしていたけれど、心は虚ろだった。

そしていつからか土を耕し、ハーブや野菜を育て、花を植えていた。

そんな複雑な心の声をごく一部の友人に聞いてもらったりして、

とにかく、日々ひたすら、トンネルの出口を、自分の居場所を探して生きていた。

ある誕生日にプレゼントされたブーケで、

純粋に、花の素晴らしさに、新しいスタイルに、感動した。

そして、その現場に飛び込んだ。

立ち止まって考え込んでから、その日まで、

10年が過ぎていた。

それに気づいたのはつい先日のこと。

そして、そこから本当に花が自分の天職だと気づくのに、

更に10年過ぎていたことも。

だから、

単純に花をモノのように、商売のネタに、他人任せに、出来ない。

ビジネスとしてはあまり良いことではないけれど、

そんな向き合い方をするフローリストがいてもいいのではないか、と思う。

そして、

経験があるからなのか、自分探しをしている人を放っておけない。

もちろん、何か手助けが出来るわけではないことは百も承知であるけれど。

それでも心からエールを送り、見守りたいと思う。

人も花も同じ、

どんな風に咲くのか、

どんな風に咲くのが一番美しく、居心地が良いのか、

私はとても知りたい。

その手に、確かなものを掴み、命を燃焼させる喜びを得られますように・・・・・amica公式サイト