amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

思い立って京都、そして七夕。

 

一年に数回しか行かない京都。

学生時代を京都で過ごすのに憧れたりしましたが、

結局、今のところ人生のほとんどを兵庫で費やしております。

先日、某所での月例会で、とある京都通の方から、

京都は今の時期が一番、人が少なくて、紫陽花の美しいおススメの季節だとの話を伺いまして、

すぐに思い立って行ってきました。

昔は紫陽花を見に、雨の日に鎌倉の明月院に行ったりしたのに、

(あのときの写真はどこに行ったんだろう)

京都には紫陽花を目的に行ったことが無かった。。。

ちょうど、例の傘のデビューを飾るにもふさわしいし(大袈裟ですが・・・)

雨の中、行ってきました、善峰寺

09july a002

09july a005

ここはアジサイの数がおそらく京都で一番多い(10,000株)、

そんな欲張りな理由で、市内から少し外れた静かなお寺へ。

ちょうど雨も上がり、アジサイも、苔も、石も、松も、

すべてがしっとりとしていて、人も少なく、まさに絶好の紫陽花日和。

09july a006

09july a009

広い回廊を隅々まで探検したあと、

今度は市内へ美味しいコーヒーを飲みに、イノダコーヒーへ。

クラシカルな店内、クラシカルなお客さん(!)、クラシカルなお味、

ここに一歩入ると別世界、時代が何年も遡るような気がします。

200906301544000.jpg

京都はやっぱりときどきは訪れたい、愛すべき場所。

そんな優雅な休日を過ごす日もあれば、

数日後には恒例の生け込みデイ。

今週は七夕ウィークということもあり、「笹で行こう!」と決意。

数日前から市場の担当者さんと綿密に打ち合わせをした、

名人の笹を購入。

ご存知の方も多いと思いますが、

笹の葉は乾燥しやすく、すぐにカラカラになって巻いてしまうのが普通。

が、今回は活け込みに使いたい、とお願いしたこともあり、

一週間近くは葉が美しい、名人の仕立て。

09july 013

09july 020

思えば、笹の葉に、

お願い事を書いた短冊を飾ったのはいつだったろう。

やはり幼稚園か、小学校低学年か、

一体そのころは何て書いたんだろう。

「お花屋さんになれますように」だったら良いのだけれど(笑)

こんなご時世だからこそ、

大人もきちんと、短冊にお願い事を書いて、

その言葉(言霊)通りに、願いが叶うと良いなあ、と思います。

こんな素敵な習慣を大事にするために、

来年はぜひ、七夕アレンジ、をレッスンに取り入れますね。

ん?

ふと、幼稚園と、今と、お願い事が一緒だったらどうしよう、、、?(笑)

織姫は、彦星と、出会えるかな?・・・・・・・・・・amica公式サイト