amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

傘とハゲタカ

 

女性が美しく見える条件で、

「夜目、遠目、傘の内」という言葉がありますが、ご存知でしょうか?

意味はそのまま、夜暗いところで、とか、少し離れて、とか、傘の下では、とか、

そういったところで見ると普段より女性は美しく見える、らしいのですが、

さて、いかに?

私はわりとモノ持ちが良いほうで、

または気に入ったものを長く使いたいというのもあり、

手にするものはしっかりと選びたい、と思っています。

傘も、ビニール傘が世にあふれているものの、

もう10年近く同じ白い傘(いただいたもの)を使っていて、

最近改めて見て、その汚れや傷みもかなりのものだと気づきました。

ここらで新調しよう、と思い立ち、前から気になっていた前原光榮さんの傘を。

前原さんのオフィシャルサイト

前原さんの傘のお話

09june 055

09june 056

色のバリエーションの多い中で、かなり迷ったのですが、

持ってる小物はモノトーンばっかりだし、

差したときに全然違う世界が広がって、気持ちが晴れるのがいいかな、と。

プリンセスと同じ色に(笑)。

16本骨の傘の美しさ、ひとつひとつの部品の細やかな美しさ、

そして作りの丁寧さ、傘全体に漂う上品さ、、、

そのうえ、なんとこれは雨の音も美しく響くらしい。

早く雨が降らないかしら、

路地のアジサイと同じくらい、今の私は雨が待ち遠しい。

美しい傘を大事に抱えて、

今度は「ハゲタカ」を観に行きました。

映画「ハゲタカ」オフィシャルサイト

hagetaka_ban_m.gif

数々の賞を取ったNHKの人気ドラマの映画化、

ドラマのほうは気になりつつも見逃していたのと、

主演の大森南朋(おおもりなお)さんが気になる、というのもあり。

詳しい内容はここでは言うまい、です。・・・が、

☆は5つ!ぜひご覧いただきたいと思います。

で、あえて全然違ったところが気になったので、それを書きます。

実は私は「男性のスーツ姿」が好きなのですが、

この映画では様々な俳優さんの着こなしを見ることができます。

私の勝手な持論としては、「スーツは肩と胸で着るべし」かと。

(エラそうな言い切り方・・・笑)

スーツというのは形がシンプルなだけに姿勢は相当大切な要因で、

その人の身長や胸板や全体のバランスもさることながら、

「気概」や「生き方」や「モノのとらえ方」など、広い意味での「姿勢」が表れると思います。

鷲津役の大森さんはこの映画に向けて、

ドラマから4年後という設定や役作りのために、

約10キロ体重を増やしたそうですが、

なんだろう、スーツが、なんというか、、、

が、この映画の男性陣はすべてかなり素敵で、

戦う男たち、大切なものを守る男たちが、

まるでビリビリと音を立てるくらいの緊張感を持って、美しく描かれていると思います。

舞台として登場するホテル、マンダリンオリエンタル東京も素晴らしいです。

それにしても良い作品、、、。

この映画に関わった、志の高い、アツい人々に惜しみなく拍手を送りたいと思います。

単なる一過性の娯楽作品ではない、

本当に素晴らしいドラマが、人間の良識が、そして、現代の本質が描かれていると思いました。

さてと、私は、

職人さんの熟練の手によって作られた美しい傘を差して、

本当に傘の内は美しく見えるか、と、誰かに確かめてみよう(笑)

見えない、て言えないか(笑)・・・・・・・・・・amica公式サイト