amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

爽やかに、新年度スタート!

 

年度末の独特の慌ただしさを終えて、

ふと、近くの茶屋之町の通りに出ると、

すっかり桜が、もう、6分咲き、という感じに咲いていました。

この通りの雰囲気が好きで、

なんとなくこの町に住みたいな、と思ってから約4年半が過ぎ、

おかげさまで少しだけ根が張れたかな、と思うこのごろ。

あまりプライベートなことは書けないのですが、

なんとなくずうっと色々思い悩むことが多く、

知らないうちに季節が過ぎ、秋も冬も、早春もあまり感じないままに、

気が付くと、もう、桜が咲いていました。

最近、ようやくそんな長いトンネルを抜けて、

すっきりと清々しく心が晴れ渡り、両手を広げて笑顔で、自由を噛みしめています。

自分自身はどんなにどんよりしていても、

ギフトフラワーを制作する時間には、

その人それぞれの気持ちに沿うように、思い浮かべながら作っています。

この春お誕生日を迎える人にはお祝いの、

または退職する方へ、長い間のお仕事へのねぎらいと感謝のメッセージが添えられます。

オーダーの際には、その人がどんな方かも書き添えられています。

地方で一人、お寺を守っている気丈な女性、

若くてピンク系が似合う女性、華やかなイメージの女性、キュートで可愛らしい女性、

そして、長年家族を支えてきたお父様、など。

09mar 27509mar 26909mar 281

09mar 24309mar 277

こう並べると、スノーボール好きがバレバレです(笑)

そして小さい子どもたちも、

卒園、卒業、発表会など、お花を渡されることが多い季節。

09mar 043a09mar 226

正直なところ、子どもさん用のお花は小さめということが多く、

なかなか花束として作りにくく、それでいて可愛らしく、のイメージで、

一般的な大人っぽいオシャレ花屋さん(?)的には非日常な作業だそうなのですが。

でも私は、

もしかしたらそのお花がその子の人生初めてのブーケかもしれない、

その重みと、子どもの感受性を大切に思いながら、

可愛らしいミニブーケを組むのであります。。。

もう、すっかり晴れやかに、完全復活!

自分が幸せなほうが、もっと幸せなブーケを作れるでしょうし、

どんどん楽しいことに吸い寄せられつつ、

春の甘いファッション?に袖を通しつつ、

美味しいものにも更に貪欲に(汗)、

P1020587.jpg

この新年度、生まれ変わったような新たな気持ちでお花に向き合います。

もちろん、皆さんにもネ。

ヨロシクお願い致します。

色々な春の企画、そろそろ告知しなければ。。。。。。。。。。amica公式サイト