amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

カングーと、花たちと、音楽と、

この仕事をしていて楽しいのは、

もちろん素敵な花に出会えたとき、

お客さんに喜んでいただいたとき、

そして、手塩にかけて育て上げられた花たちが生き生きと咲いているとき、

良い仲間に出会えたときなど、書ききれないほどありますが、

それに加え、「運転が楽しいとき」、もその一つかもしれません。

花を生業にすると、運転も仕事のうち。

とにかく毎日、西へ東へ、仕入れたりお届けしたり、レッスンしたり、

快調なカングーで走る、走る。

そんなドライブのお伴に欠かせないのが音楽。

お気に入りのCDをたくさん積んで、というのも良いけれど、

私はほとんどFMを流している。

ふとした瞬間に、なんともいえない曲が流れる、

その出会いを、その意外性を、楽しみにしているから。

主にFM-COCOLOFM802、そしてNHK-FM

ヒット曲が多い802よりも、COCOLOのほうが私好みの渋めな選曲。

そして、意外な曲が真面目に聴けるNHK

そういえば昨年5月、

これ以上ないくらいにカングーにパンパンにお花を積んで本町教室へ向かっていたとき、

NHK-FM菅原文太の「一番星ブルース」が流れた。

ズバリ、「トラック野郎」です(笑)

30数名分のレッスンを前に緊張していた私でしたが、すっかり一番星桃次郎の気分で会場入り(嘘)

今日は開店お祝いのお花の数々を届けたあとに打ち合わせもあり。

帰りに運転しながら色々なことを考える。

ふと、

「あの人は、良い友人なんだな、、、」と。 

そんな答えが出たとき、

静かに流れてきたのはこの曲。。。

この人のためなら、どんなときでも駆けつける、

そう思える人がいることの幸せ。

最近気になっていて発売になったら買おうと思っているのがマデリン・ペルー

21世紀のビリー・ホリデイという呼び名がふさわしい、魅力的な声。

COCOLOで今月の一押しソングになっていた。

シングルカットされた「インステッド」は前向きになれるやわらかい曲。

  不愉快になるよりも、行き先があることを喜びましょう

  悲しむよりも、独りぼっちじゃないことに満足しましょう 

  落ち込むよりも、愛しいすべてを思い出して高揚しましょう

  時間を無駄にするよりも、自分が夢見ていることを肯定しましょう

明日はまたたっぷりな仕入れがある金曜日。

鉢巻締めて、一番星気分で行ってきます!

次回はバラの話か、香水のことか、とにかくレディーな雰囲気で(笑)・・・・・amica公式サイト