amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

合せ鏡

 

先日、ある方の送別会に出席しました。

バリに魅せられ、ウェディングやバリのクラフトのお仕事をしているうちに、

いよいよ現地に移り住んで本格的に、ということになったとのこと。

以前から人と人を自然につないで来たIさん、

いつ会っても笑顔で、いつも心がオープンで、いつも人への興味に溢れていた。

この日の送別会にも、

そんな彼女のお人柄そのままが映し出されたような、

穏やかで、心開かれた印象の人たちが集まり、

笑あり、涙ありの会で、彼女の門出を祝ったのでした。

08aug 167

08aug 163

人と人・・・、

いま自分の周りにいる人たちとの間には、

合わせ鏡のようにまぎれもない自分が映しだされているという。

心を開いている人は他人を受け入れやすく、逆に人にも受け入れられやすい。

別の言い方をすれば、自分が心を開けば、相手も心を開く、のかも。

自分を長短含めて愛せる人は、人をも愛せる、と思う。

自分がエネルギーを発散すると、エネルギッシュな人から新たな元気をもらったり。

反対に、

猜疑心の強い人は、自分をも信じていない、自信のない状態。

人へのダメ出しが多く好みのきつい人は、実は「攻撃は最大の防御」で弱い自分を守っている。

人に対してドライな人は、実は自分自身への興味も薄い。

損得を最優先して人付き合いする人は、結局人間的部分で人から切り離される。

若干、後半の文章に「毒」を含んでおりますが(汗)、

そういった人をどう思うか、といえば、

私自身は、「川の流れのように」という曲の歌詞ではないけれど、

基本的に「人は~かわいい~・・・」と、そんな風に思う。

もちろんその都度、腹立ちを覚えたり?呆れたり?はするのだけれど、

決定的に嫌い!となるわけではなく、それ込でその人なんだな、と興味が湧く。

何かしら自分にご縁のある人には、

やはり幸せであってほしい、と思うので、

ときにはかなりおせっかいにアツく説教したり、

または長年音信不通になったとしても、幸せにやってるかなと思ったり。

特に、

才能に恵まれている人が「とりあえず楽しければ」的に、

自分の才能に向き合わずに生きていたり、

自分の道がまだ見つけられずにいる人には、

ついついおせっかい魂がアツく滾って(たぎって)、あれこれ言ったりしたりするわけです。

自分自身もまだまだなのに、えらそうに何なのだろう。

きっとこれは常日頃、さまざまな人に、色々な形で、

応援してもらってるからでは、と。

言葉の端々に、メールの一言に、またはお会いしたときに、

アツいエールを感じているからこそ、私も応援返ししているのではないかと・・・。

損得の計算なしに、

一生懸命に誰かが幸せな思いをするための橋渡しをしている、

そんなIonatsuさんを見て感じたことを、この夏の終わりに書きとめておきました。

GO GO Ionatsu三姉妹!・・・・・・・・・・・・amica公式サイト