amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

夏が過ぎ 風あざみ・・・

ご存じ、井上陽水さんの「少年時代」の冒頭の歌詞。

風あざみ、という植物はこの世には存在しませんが、

この「風あざみ」の響き、風流な言葉あそび、、、陽水さんは天才だなぁ、と思う歌詞のひとつ。

 

うっかりしていたら、

前回書いたのは7月の終わり。

もう8月も後半に入って、心なしか気温が下がったような・・・?

ブログの間隔が空く理由には、

「ブログのネタがない!」か、または、

「ブログに書けないネタが多い!!!」か、

そのどちらかであるけれど、

今回がそのどっちか、はご想像にお任せするとして(笑)。

7月末からはびっくりするくらい市場が静かで、

お盆はドッと盛り上がるかと思っていたらそうでもなくて、

年々、お盆の過ごし方も変化していて、

それと共に花業界の動きも変わってきているなあ、と実感。

すっかり流通の花材が偏ってしまうこの時期、

そんな中でもお供えのお花のご注文や、

08aug 040

お誕生日のアレンジや、

08aug 069a

ご結婚のお写真撮影、

08aug 059a

もちろんいつもの生け込み、

08aug 062

などなど、

「暑いから」や「お盆だから」などを言い訳にしないよう、

仕入れに奔走しながらも丁寧に制作。

プライベートでは連日、何かしらのお誘いがあって食事に出ることが多く、

とにかくこの夏はまた様々な人と会って、

アツく日々が過ぎて行きました。

お盆で帰省している高校時代の友人たち、

管理職になってシゴトに生きてるジョシ、

専業主婦で穏やかに過ごしてるジョシ、

または優雅な同世代独身ジョシとレフトアローンに行ったり。

200808082304000.jpg

スイスホテルで初体験のバイキングランチ(!)&チョコレートファウンテン(!)、

ちょっぴり優雅なレディの気分でがっつり3時間ほどしゃべり倒し、

あるときはamicaガールズの激アツ「2トップ」と声が枯れるまで笑い、

またあるときは、

案外自分て、すんごいモロくて弱いとこあるな、と思って驚いて、

ロイヤルホストで朝方まで話を聞いてもらったり、

またはミスチルのオリンピックのテーマソングに涙したり、

またあるときはまるで昭和の語り部?(笑)のように、

ほうずきの遊び方を伝授したり、

0808-1 011

↑この後を引き継いでモミモミしてたけど結局破裂しました(泣)

そんなこんなで夏が過ぎていきました。

今週からはレッスンも始まり、

ウェディングも数件あり、

また飛ぶように過ぎていく感じですが、

日々、さまざまなことを味わいつつ、

大事に過ごしていこう、と思います~!

ということで皆様、後半戦もヨロシクお願いいたします☆・・・・・・・amica公式サイト