amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

結婚式までの8か月

質問 :

 

 「結婚式まであと8か月あったら、

  二人の絆を深めるために、さて、どんな準備をしたらよいでしょうか?」

先週、

とても印象に残る、ある結婚式が無事終わりました。

この日挙式のお二人は、

さかのぼること8か月前からamicaのレッスンに、

「お二人揃って」参加なさっていた仲良しカップル。

リザーブドで作るクリスマスリースを、色違いで。

0711ashiya7.jpg

年が明けてからは今度はウェディングブーケのレッスン。

0801bq 041

第一回目は基本の丸いブーケを。

全くお花のアレンジ自体初めてのお二人でしたが、

作りたい、という気持ちと、おそらく持ち前の器用さで、

とても初めてとは思えない作品を。

そこにはお互いを絶えず励まし、褒め合い、喜び合う姿があり、

私も「アッつ~」と思いつつ、微笑ましく感じながらレッスンをしていました。

第二回目には、本番さながらの前撮り用のブーケを。

0801bq 0320801bq 0360801bq 041

ふと、この日は前回とは少しお二人の雰囲気が違う。

なんだろう、と思いつつ、終わってからお話して分かったこと、

このレッスンの直前にケンカしたとのこと。

ちょうど挙式の一か月前といえば、

結婚式、披露宴の色々な詰めをしていくときで、

仲の良いお二人にも当然意見のズレでぶつかることがあるそう。

作品にもお二人の違いが表れていて、

男性のHさんは緻密できっちりとした仕上がり、

女性のOさんはおおらかで明るい雰囲気、

この日一緒にレッスンを受けていたNさん、

結婚1年目の先輩花嫁Nさんも同じ頃にいっぱいいっぱいケンカしたとのこと。

そんな話を聞いて、少し安心のお二人。

第三回目は、挙式前日に、当日用のブーケを。

080720honke 002080720honke 005

080720honke 010080720honke 011080720honke 021

この日はまた仲良しの、

第一回目にお会いしたときと同じ印象のお二人。

お互いを励まし合い、褒め合いながら、

楽しそうにブーケを仕上げていく。。。

聞くと、もうすっかりケンカはなくなって、

準備も万端、あとはネイルに行くだけ、とのこと。

そんなふんわり空気のお二人の横で、

翌日の会場装花の準備で、今度は私が鬼スイッチONーーー(笑)

若干コワイ空気醸し出しちゃったかな、と気づいたのは

すっかりレッスン終わってからでした(汗)

で!会場の装花です。

7月のウェディングの装花には、

正直、それほど花材を選べるわけではなく、

暑さも厳しいし、なかなかびっくりするようなデザインも難しい。

で!今回の目玉素材?として「青竹」。

ただ、このお二人は和装をするわけではないので、

あまりに「和」が勝ちすぎるデザインではなんとなく浮いてしまう。

あくまでもお二人の雰囲気に合った、

でも夏らしい、爽やかで、若々しい、それでいて新しいデザイン 

↑ すべて自分で勝手にハードル並べてるんですが(笑)

お二人からはグリーンとホワイト、というリクエストだけ。

080720honke a041080720honke a039080720honke a043

080720honke a032080720honke a036

080720honke a077

この日のお二人の笑顔は、

やはり今まで何度もお会いした中で一番のものでした。

080720honke 058080720honke 081

ご披露宴の中でも、

それぞれの友人たちからのコメントで、それぞれのキャラクターが浮き彫りに。

本当に、全く個性の違う二人だけれど、

違うからこそ補い合い、助け合えるということを、

披露宴を終えてみて、

お二人それぞれが改めて確認したそうです。

二次会のお開きまで見届けて、

最後にごあいさつをさせてもらったら、

また、二人でレッスンに行きます! と。

というわけで、最初の質問の答えはもちろん、

 「二人でお花のレッスンを受けましょう!」

でした。

私もまたお二人に会えるのがとても楽しみで楽しみで。

どうぞ末永~くお幸せに。

今度は鬼スイッチ入ってないのでご安心を~^^・・・・・amica公式サイト