amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

プライベートレッスン

 

前回のジメジメ日記で、

なんだか予想外に色々な方からメッセージいただいて、

ご心配をおかけしてすみませんでした。

若さゆえの感受性の鋭さで、

音、映像、ファッション、写真、庭園、などなど、どんなに遠方だろうと駆けつけ、

感性に響くものをとにかく五感で色々吸収(インプット)するのに日々忙しく、

逆にアウトプットする手段がなくて悶々としている、そんな感じで、

いわゆる「UTSU」ということではありませんでした。

さて!

昨日は以前からドキドキワクワクしていた「プライベートレッスン」。

今までもamicaアトリエで、

お友達グループだけでレッスン日を設定して、

その日だけのテーマで、というものはありましたが、

今回は出張レッスン。

お友達グループの中のお1人のお宅での、

特別な時間。

0806-p 008
0806-p 014
0806-p 017
0806-p 010
0806-p 020
0806-p 022

今回はコンポートアレンジというリクエストをいただき、

涼しげなガラス花器をセレクト。

大きなお花も多く、かなりのボリューム感になったのですが、

皆さんのリビングに飾るにはちょうどよいサイズに。

実はレッスンの前にこのお宅で、

マダムお手製の美味しいランチをコースでいただいたのです!

カレーライス、というお話だったのですが、

最初にガスパチョ(スペインのスープ)に始まり、

2種類のサモサ、ホタテ貝のマリネ、

スズキで作るサルティンボッカ(←シルクドソレイユのサルティンバンコちゃうよ)、

そしていよいよ美味しいカレーに、、、

感動的な美味しさに加え、

食器やポット、銀製品など、

ひとつひとつが大事に選ばれて集められたのが伝わってきて、

このお宅では「食卓」が大切な時間を過ごす場所として、

ご家族の歴史に深く刻まれたのだなあ、と。。。

仕事も家庭も、という女性は増えているけれど、

やはりしっかりと家庭を守る人がいるお宅は素晴らしい、、、。

これからも色々と勉強させていただきたい、と、

窓から遠くに見える神戸港を眺めながら思ったのでした。

グループレッスンは3名から承ります。amicaを呼んでくださいね~・・・・・amica公式サイト