amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

続・続き

 

今回は、

立川志の輔さんの落語を聴いて思ったこと。

それより前に、

この方、なかなか関西にはいらっしゃらないんです、

関西には別の笑いの文化があるからか、

理由は定かではないけれど。

この方の公演に行くのは2回目、

すべて志の輔さん本人の創作落語のみ。

落語家としての話芸はさることながら、

台本のセンスの素晴らしさに、今回も驚く。

今回も志の輔さんの芸を見ていて、

ご本人とはもちろん直にお会いしたこともなく分らないけれど、

その人柄が伝わってくるような気がした。

誠実で、

人の心をつかむセンスが素晴らしく、

オリジナルで勝負し続ける真摯な姿勢、

それでいて、謙虚な印象。

とにかく、本当に素晴らしい。

人柄というのは実はいろいろなところに、表れて見える、

作品はもちろん、文字、話、表情、などなど、

ふと、

人を楽しませる人というのは、

実は、

きちんと人を受け止めている人、

ではないか、と。

逆に、

人のこころに留まらない人は、

その人自身、他人を受け流しているのでは、と。

今日、実は楽しい楽しいランチの時間に、

あるお話を聞いて、

人の悲しみを思って突然涙が出てしまったのだけれど。

優しい人の裏に、悲しみがあり、人を受け止める強さがあり、

だからこそ笑いがあり。

「あの人があんなに優しいのには、そんな悲しみがあったからなのか、、、」

人を楽しませようとする人を、

改めてまた、いとおしく感じたのでした。

そういえば私の周りはほんと面白い人が多いなぁ・・・・・・・amica公式サイト