amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

春のハイウェイ

 

先週末は京都での婚礼があり、

新しいamica号、カングーのリュウさんwにとっては初の遠出。

またまたお花をぎっしり積んで名神高速をひた走る。

至ってエレガントに、名神の一番右車線をエレガントに攻め・・いや、走る。

生まれはフランスのこの車、きっとこんな走りがしたかったのだと、

私が買うまでのこれまでのこのカングー、

試乗車人生(?)を10ヶ月ほど過ごしていて、

街中をチョロチョロと中途半端に走っては停められ、

きっとストレスが溜まっていたに違いない。

名神を走りながら、カングーのリュウさんwの走るヨロコビをひしひし感じた。

人も車も、持てる力を発揮して完全燃焼することが幸せだと思う。

くすぶっていてはもったいない。

空気、光の具合はもうすっかり春、

眩しい名神を走りながらふと、数年前に走ったプロバンスのハイウェイを思い出す。

5月のプロバンスはもう夏の気配で、

クーラーのないレンタカーの窓を全開に、やれやれと思って走り出すと、

なんとハイウェイ全体がハーブ?花?なんともいえない素晴らしい香りであふれていた。

クーラー付きだったらこの感動は味わえなかったかもしれない。

そう書きながら、そのときの私は助手席だった。

マニュアル車で左ハンドルなど、なんとか乗れると思ったのが甘く、

同行の友人にほとんどの運転を任せることになった。

プロバンスの街から街へ、その運転は負担になっただろう。

その友人とは最近しばらく連絡を取ってないけれど、

子育てしながらまた仕事に復帰するとの風の噂。

彼女のことだから、どちらもしっかりやるんだろうな。

遠くからエールを送りたい。

そういえばこの旅ではリヨン駅からニースまで、

一人で夜行寝台列車で移動した。

もちろん初めてで要領が分からず眠りも浅く車酔いもした(さんざんデス)けれど、

階下のおば様とは言葉が通じないながらも微笑みを交わした。

寝台列車を待つ時間、一人の日本人ジョシと友達になった。

旅好きの麻酔科医の彼女と、数時間に渡ってリヨン駅で話し込む。

今は沖縄に移り、愛する人と出会い楽しく暮らしている。

今年の年賀状では可愛らしいチビたんも一緒に写真に写っていた。

旅先で知り合いになって人生の中での長い付き合いになるのは、

「まるで男の旅みたい」、と言われたことがある。

そうかもしれないけれど、なかなかオツだな~、と思う。

このプロバンスの旅ではアヴィニオンという街に心惹かれたり、

アルルのすっごく美味しい魚のスープ(スープ・ド・ポワソン)に感激したり、

長い夜の美しい夕焼けにロマンチックな気持ちになったり、

なんとも思い出深い、人生の中でも大切な旅となった。

そんなことを思い出したのもカングーにしたおかげ、

やはり「乗る楽しさ」を選んで本当によかった・・・。

この日の花嫁さんは文章を書いたり、人に話したり、というお仕事の方、

08mar 091a

08mar 092a

そんな方も、

嫁ぐ日に披露宴の最後に読む挨拶文は書くことが多すぎて、

または客観的に物事を考えられなくて、

この日の朝ギリギリまで書き上げられなかった、とのこと。

花嫁さんらしい、そんな感想を聞けるのもこの仕事の醍醐味かもしれない。

春の日差しの中、挙式会場へ出発なさるのを見送った。

帰りにはまたまた麩嘉さんで大好物の麩まんじゅうを^^

名神を引き返してアトリエで発送業務などなどを。

春はいいですねえ、本当に。

なんだか心がウキウキします。

今週のレッスンは「春色のアレンジ1」、

ズバリ春の桜色でテンション上げて幸せオーラを呼び込みましょう!!!

0803 017

0803 018

0803 002

この春、桜咲いた方、おめでとうございます☆・・・・・・・amica公式サイト