amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

実録 働きマン

おかげさまで激務ウィークが続いております。

特に先週は座って昼食を取れたのは2日くらいだったか?

分刻みに物事を進めていく、そんな日々。

11月はウェディングシーズンでもあり、

連休もあり、で、またたくさんの花嫁さんのお手伝いをしました。

11月末に一緒にお仕事をしたのは、

以前私も同じ会社だった最強タッグ3人の面々。

この日の花嫁さんがそのメンバーの知り合い、ということもあり、

ヘアメイク、アテンド、パーティの司会、と、

最強タッグがそれぞれに200%の力を発揮する。

フラワーガールたちの緊張をほぐし、

かさかさのほっぺにクリームを塗ってあげる。

20071206231402.jpg

リングボーイを勤めるボクの髪型をオトコマエに。

20071206231446.jpg

20071206231856.jpg

そしてもちろん主役のお二人のお支度。

20071206231944.jpg

20071206232011.jpg

この日は25ansウェディングの取材が入っていた。

色々な部分がお二人のオリジナルということもあるし、

そして芸術的な美しさのピーター・ラングナーのドレスが、

いよいよレンタルでも登場、という嬉しいニュースと共に記事になる。

彼のデザインするドレスがいかに美しいか、またゆっくり書くことにするとして・・・。

最強タッグの3人、

とにかくよく動き、よく気が回る。

主役のお二人のことはもちろん、ご親族を盛り立て、

雑誌社の人たちにこの日の内容を伝え、

パーティの進行の打ち合わせ&ホテルと詳細擦り合わせをし、

サプライズを仕込み、なんと当日の全進行の写真撮影をし、

私にも気配りに飲み物を運び(!)、

そして、本当に周りをよく笑わせる。

いや、ホント、驚いた。

ウェディングの仕事は本当にハードであるし、

一組ずつへの思いを考えれば、そうそう数をこなせる仕事ではない、と思う。

この日の知力、体力、全てを注ぎ込む。

なぜにこれほどアツいのか、

働く、ということは決してお金のためだけではない、

自己実現、自己表現、色々だと思う。

彼女たちは語学(伊、英)を身につけ、

現地にドレスを買い付けに行き、一流デザイナーと交渉し、

日本向けにサイズ、生地調整をし、

システムを構築し、日本全国を回って衣装業界に紹介している。

だからもちろん、デザイナー自身からの信頼も厚い。

彼女たちと一緒に働いたあの会社は今はもうないけれど、

こうしてアツいメンバーがその思いをずっと持ち続け、

私もつながっていられることは本当に財産だと思う。

一生のうちで、一度でも、

全知力、全体力、注ぎきれるものに出会えることの幸せ・・・。

そんなわけで私もアツいブーケを。

今までの数千個のブーケの中でも、ローズメリアはおそらく十数個だと思う。

そして、これは中心にシャクヤクを使用。

20071206233457.jpg

私の人生の中でも5本の指に入る「デキる人たち」がここにはいます。

今からドレス選びというあなた、是非cuore(クオーレ)を要チェックです。

http://www.cuore-japan.com/

美しいピーターラングナーの上質なドレスはこちら。

http://www.peterlangner.it/

いま話題の「働きマン」はこちら。

http://moyoco.yahoo.co.jp/index.html

次回、しっぽり昼膳デートのお話です、オホホ・・・・・amica公式サイト