amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

フレッシュクリスマスリース

 

今週から始まりました、

フレッシュ、生の樹木を使用したクリスマスリース

今年のデザインイメージは北欧。

早速26日は本町教室でのレッスンが終わりましたが、

いやあ~、かなりいい!

恥ずかしげもなく自分でそろえた素材の組み合わせに感激☆

それぞれ別のところからやってきた素材たち。。。

そして、

皆さんの作品の素晴らしさに感激。。。

今回の厳選素材の数々が、

もう本当に素晴らしく作品として生かされている。

実は、

クリスマスになるたびに思うことですが、

定番選手のモミ、ヒバ、ヒイラギなど、

同じものだけ、というのは・・・。

今年も11月中旬にはオレゴンからのモミが例年通り届き、

いつもの市場の風景になっていた。

でもでも、

毎年同じってなんとなく味気ないなあ、と。

そう思うのは私だけ???

そう思っていた頃、

神戸でコニファーを育てているIさんからメールが入る。

「良かったら色々サンプル送りますよ」と。

このIさん、

実は今年2月に私の出演したラジオ番組をお聞きになって、

メールを下さったお方。

コアなamica通の方ならご存知&そろそろお忘れかと思いますが、

そうです、ほんの10分くらい、ラジオでしゃべりました。

もう、このブログでは触れたくないくらいの(笑)

一瞬自分の声がオンエアされるの聞いて、

「これ、誰?!」 (震)

耳を疑うほどのニョロニョロトークに度肝を抜かれ、

回転数が合ってるのか?と(←この感覚こそアナログ世代)

しかし、そんな気を失うくらいのシャベリをお聞きになり、

ご連絡いただいたのがIさんなのでした。

いや、話が反れました、

そのIさんから今回、

ピチピチで素晴らしいコニファー「ブルーアイス」を300本。

届いた箱を開けるか開けないか、くらいのときから、

ふわーーーーーっとコニファー特有の癒しの香りが立ち込める。。。

厳選素材の2番目は「ギンドロ」

先月に某所でこの白い葉を見てからとりこになり、

是非リースの素材に使いたい、と。

取りつかれたように色々な市場の担当者さんに聞いてみる。

しかし花業界の長い大御所の皆様でさえ、軒並み「え?何それ?」と。

切花(というか切り枝)では流通していないようで、

意外や意外、全員が初耳・・・。

しかしそれを知らないとは言いたくない某大御所は、

「寿司のネタか、あ、それは中トロか、

 ガラスみたいに吹くやつか、あ、それはビードロか、

 (このノリがしばし続くので割愛)」

結局、最後の最後、

あの人なら何とかしてもらえるかも、という、

市場の中でも特別な存在感のKさんに勇気を持って聞いてみる。

ガーデンのお仕事をなさってるKさん、

さすがご存知で、独自ネットワークで特別手配してくださるとのこと!

厳選素材3つ目は「レモンマートル」

シトラス99%という、この木は香りの塊りのようなもの。

葉を少し爪でしごくとレモンの香りで一杯になる。

自然の香りってなんて素晴らしいんだろう。

厳選素材、最後を締めくくるのは「小山どんぐり」

小山ロールに対抗したワケではありません、ウチの庭の、てことです(笑)

輸入のものは過度に防虫処理されているものもあり、それなら、と収穫に向かう。

NAO氏、そしてウチの母も参加して、

どっさりと。

どんぐりって、なぜか童心に帰るから不思議。

200711191603000.jpg

200711191603001.jpg

このどんぐりのために、

今回は電気ドリルを購入。

やっぱ、フローリストたるもの、ドリルは必須ですな。

20071127003420.jpg

というわけで、

厳選素材を集め、

とても自然で優しいリースを作っていただきました。

20071127003944.jpg

20071127004130.jpg

今週、まだまだレッスンがこれから、という方のために、

完成品はナイショにしておきます。

先週からずっとトップギアamicaです。

このまま12月に突入です。

ニョロニョロトークで青ざめてみませんか(笑)・・・・・amica公式サイト