amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

礼節

少し前にブームだった「品格」という言葉、

英語にはコレといって同義語がないそうで、

それは言葉のニュアンスそのまま、

日本ならではの奥深さの表れでもあるな、と。

 

最近、意識に浮かんだ「礼節」という言葉、

 礼儀、節度、

 社会生活の秩序を保つために必要とされる行動・作法。

礼儀や作法など、広い意味でのこれらは、

やはり親から子へ躾けとして、

バトンが渡されるものであろうと思うけれど、

その多岐に渡るきめ細かさは、

「これで全部」と掴みきれないところに難しさがある。

女性の場合は、母から娘へ。

とても個人的なことだけれど、

私の母は、母の母(祖母)が体が弱かったために、

親から渡されるべき礼儀、作法のバトンが充分ではなかったように思う。

そして、短いOL時代を経て早くに結婚、私たち三姉妹を育てた。

そうやってすぐに家庭に入った母からは、

正直、私もそれらを充分には習えなかった、と思っている。

それはコンプレックスというほどのものではないにしても、

なんとなくの焦りみたいなものとして、意識のどこかにしっかりとある。

だからと言って、

与えられなかったことをどうこう言うつもりは全くなく、

健康で、美味しいものをたくさん作ってくれて、

仲のよい三姉妹として懸命に育ててくれただけで、本当に、もう充分だと思う。

あとは日々、自分で身につけていけばよいことで。

ありがたいことに、

私の周りにはお手本となる人たちがたくさんいらっしゃるので、

良いなあ、素敵だなあ、美しいな、、と思うことはすぐに見習えば良い。

自分がされて不快なことは、反面教師として、

他の人にしないように心に留めておく。

ただ、失敗しなければ分からないこともあって、

マニュアルがあればどんなにラクかな、と思うこともあるけれど、

一つ一つ見つけながら自分に沁みこませていくのも、

なかなかオツだなあ~と。

礼儀という言葉には、

 敬意を表す作法

という意味もあるらしい。

人を敬い、大切に思って一つ一つ考えれば、

大きく外れることがないのかもしれない。

とはいえ、いい年してまだまだ知らないことだらけ。

日々、また勉強させていただきたいと思う。

写真は今日納品した「芦屋ぷりん とあっせ」さんのお花

20071108003340.jpg

これからもゴシドウゴベンタツよろしくお願い致します・・・・・amica公式サイト