amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

バルーン登場

 

以前お世話になっていた職場で、

季節ごとに展示会があったり、

またはファッションショーがあったりで、

何せありとあらゆるディスプレイを考えた。

なんか、そういう担当だったので。

大掛かりなものは予算的に無理だったので、

ある程度簡単に手作りできるもので、

見た人を感動させるもので、

そして他にはないもの (←いつもコレです。。。)、

そんなテーマで毎回知恵を絞る。

もちろん本業は花ではあるけれど、

天井が空、というとてつもなく広い場所や、

室内でも数百坪という空間を飾るのに、

時間的、予算的、人的理由で、花は最適なメイン素材ではなく、

だいたいにおいて、布や紙などが、

形や色を変えて使われた。

おかげで画材屋、東急ハンズ、ホームセンターなど、

よくお世話になったものだ・・・。

で、そういう素材でも足りないとき、

バルーンが登場する。

いわゆる風船、

やはり子どもっぽくおもちゃ的な素材なだけに、

使い方が難しい。

都会的でミニマルなテイストには好まれない。

正直、私もバルーンには興味がなかったし、

どうしても使わなければいけないときには、

それこそ「仕方なく」準備を進めたりした。

しかし、

実際にガスが充填されふわふわと浮かび始めると、

なんだか忘れていたようなワクワクした気持ちになる。

いくつになってもディズニーランドが楽しいのと同じなのか、

子どもに帰ったような感覚。

さて、今回、

ハロウィンアレンジのレッスンのために、

小さいバルーンが活躍します。

とはいえ、レッスンを受ける方がバルーンを手にすることはなく、

まあ、そのへんが不思議なワケで。

レッスン当日に分かりますヨ。 (←ある意味チラ見せ)

20071015003703.jpg

本町教室の近くにある、

バルーン専門店で5インチのゴム風船と膨らます機械と。

そのお店には3年ぶりくらいで行ったので、

内心、移転(またはクローズ?)してるかも、なんて思っていたのですが、

同じところに、同じかそれ以上の盛り上がりでそのお店はありました。

やはり人の心をなぜかときめかせる、

そんな不思議な魅力をバルーンは持っているのかもしれません。

無機質な空間もオシャレでステキだけれど、

これからの季節はイベントを楽しまなければ☆

今年のハロウィン、今年のクリスマス、それぞれ一度きりです。

しっかり飾って楽しみましょう。

ハロウィンアレンジのレッスン、お楽しみに~☆

遠方の方やレッスン当日参加できない方には、

ウェブレッスンもございますヨ☆

今日はバルーンまみれで目の中までオレンジの・・・・・amica公式サイト