amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

今月最初の一週間

 

あっという間に10日が過ぎていて、驚きつつ。。。

今週の出来事を。

今週は「musicaの140周年記念の美味しいセイロンティでお茶しましょう」という、

母からのメールで幕を開ける。

堂島musica wikipediaにも載ってるとは。

いつものことだけれど、色々と突発的に母は思いつく。

今回も何が140年なのか分からずだったけど(おそらく茶園か?)、

美味しいものには理屈はいらない、、、。

お花とプランのケーキを持って行く。

20070910002425.jpg

20070910002413.jpg

ヒグラシの声が秋の気配、

サルビアがまた元気を吹き返して咲き始めていた。

夜にはamicaガールズの皆さんとレフトアローン

この日はセッション。神戸~芦屋の若いJAZZ演奏家の層の厚さを知る。

07sep.jpg

レッスンウィークに突入、皆さんBOXフラワー or コサージュに挑戦。

穏やかないい時間を過ごしていただけたかな・・・?

20070910003425.jpg

20070910003049.jpg

20070910011806.jpg

連日、オーダーのアレンジやブーケを発送、配達する。

考えてみれば、こういう暑い季節こそオーダーメイドが強いかも。

市場に見に行って、ご希望の雰囲気に合う元気なものを仕入れる。

車はクーラーをかけて冷やしてお花を積み込み、観葉のコーナーへ。

200709051116000.jpg

観葉植物のご依頼も大小、色々リクエストいただく。

ちょうど今回のオーダーにピッタリなものに出会い、嬉しくなる。

よく冷えた車に戻ると、大きなトラックの出入りのために、

市場のお兄サンが私の車を移動させていた。 こういうことはよくある。

が、乗ってビックリした。 車内が強烈なニン○ク臭で充満していたから。

窒息するかと思い、クーラーで冷えた車内に外の熱気を思いっきり入れる・・・・・。

いったい、あのお兄サンの昨夜のメニューはなんだったんだろう!

そんな臭い、いや、細かい話はさておき、

今週は色々な方とお茶タイムを楽しい過ごしました。

仕事の合間、抜け出しておしゃべりするのは本当にリラックスする。

夕方からヘアカット。

うっかりまた3ヶ月ぶりだった。伸ばしたかったから。

そして今回もまた切り揃える系のカットをお願いしていたのだけれど、

沸々と湧く「切りたい」という気持ちを抑えきれなくなり、

「ボブにしてください」と。

ボブスタイルは普通、「いい女系」か、「仕事デキル系」か、

だいたいそのどちらかに落ち着くことが多い。

ただ私の場合、下手すると「中学生系」に着陸することもあり、

要注意なのであって。(注:なぜか高校生ではない)

細かな注意点を伝えながらカットしてもらって完成して、言われた。

「金麦と待ってるから~」の人みたい、て。

http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/

私はそうはあまり思わないけど、そんな新たな着地点に降り立ったようです。

さて、週末にはおでん「楽ぜん」の裏人気メニューのプリンがパワーアップして独立、

その名も「芦屋ぷりん とあっせ」としてオープン!

20070910005720.jpg

楽ぜんさんには色々とお世話になっていて、

芦屋で開業する、というサムライ魂を教わったお店でもあります。

このプリンのお店にもその魂が息づいていて、

こだわり原料に加え、珍しい蜂蜜という媚薬?も味方にして、

芦屋で愛される味を二年かけて確立なさったわけなのです。

初日は大変な行列。50~60人は並んでいました。

200709081114000.jpg

いかに「とあっせ」に地元の人が関心を寄せているか、

その表れでもあると思いました。

「芦屋ぷりん とあっせ」

http://www.ashiya-purin.sakura.ne.jp/

ここのプリン、またウチのレッスンにも取り入れていきたいと思います。

amicaガールズの皆さん、どうぞお楽しみに☆

今週も芦屋の某名店の新店がオープンします!

生けこみをamicaで担当することになりました。

今年は夏ばて知らずの絶好調・・・・・amica公式サイト