amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

暑中お見舞い申し上げます

 

皆様いかがお過ごしですか?

今年の夏はスタートが遅かったからか、

なんとなくようやく夏らしくなったなと思ったものの、

セミの声もひと頃より静かになったようだし、

日中、暑いとはいえ例年よりはマシ?な感じで。。。

暑いのが苦手なワタシとしてはやや楽かな、と。

お花業界はお盆前で大量の菊などが出回り、

仏花などを取り扱う花屋さんは忙しくなる頃です。

普段とは少し流通内容が変わるため、気温のため、

なんとなく珍しくて目新しいお花たちに出会えない今日この頃。

しかし!

そんなことでテンション下げてる場合ではない、

やや大きめのご注文が立て続けに入っておりました。

ひとつは最近ご結婚の花嫁さんのお母様が、

娘さんの嫁ぎ先のおばあさまへのお誕生日のお花、と、

そのお宅のご親戚にご挨拶を兼ねてのお花、と、

20070810001630.jpg

20070810001644.jpg

そして今週、某レストランのオープンのお祝いに、

20070810001848.jpg

20070810001905.jpg

いやあ、この時期にパンチのある強いお花、とか、

色を選べなくて参ります・・・。

特に淡いピンク系とか、限られますね。(頭痛い)

淡いピンク系で思い出したけれど、

先月末にご注文いただいた、

トルコキキョウのコサージュピンクの花束。

男性からのオーダーで、彼女への贈り物だそう。

トルコキキョウの数ある品種の中でも、

一番華やかで豪華、価格的にもトップ。

それをメインに、とのことでした。

20070810002617.jpg

直接そのご注文主の男性(爽やかな好青年☆)にお届けの際、

なぜ「コサージュ」かは伺えなかったけれど、

後日お礼のメールをいただきました。

彼女がとても喜んでくれた、と。

ちゃんと彼女が好きなお花を知ってそれをプレゼントするって、

素敵キング、素敵MAXだなあ~。(←使い方あってる?エミチ君)

もうしばし夏は続きますが、

気温が高かろうと、お盆にかかろうと、

お花を贈ることにためらいは禁物。

amicaはお盆、無休でオーダーを受け付けております☆

海でたっぷり泳いだから、さらにリフレッシュしましたヨ・・・amica公式サイト