amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

キャプテン、ジャック、スパロウ

 

たいてい、ブームには乗らない、

あえて引いて見たりする。

で、ほとぼりが冷めたころに、

落ち着いてゆっくりそれを楽しむ。

そんな私、

最近になって、ジャック・スパロウ船長に魅かれ、

続けてジョニー・デップの映画を観ている。

考えてみると、

ここ数年、日々時間に追われ、

ゆっくり映画を観ることが少なかった。

映画館にもしばらく行っていない。

毎日、大切なことがたくさんあって過ぎていくけれど、

きちんと映画を観る時間を持てるような暮らしが望ましい。

昔はコレ!と思う映画(たいがいは単館系)のためなら、

どんなに遠くても観にいく情熱があった。

自主上映のアート系フィルムなどは、

屋根裏みたいなところで放映されていたっけ。。。

その頃、映画は私の大事な栄養素だった。

いやあ、それにしてもジョニー・デップ

一番最近は「ショコラ」を観た。

この映画もなんとなく勝手に想像して、

こんな感じだろうなあ、とまるで観た気になっていたけれど、

予想以上に良い作品、ロケーションも俳優も素晴らしい。

この映画で私は初めて、

ジョニー・デップの、パイレーツメイク無しの、

素顔を見て更に胸キュン(←笑?)でした。

彼はこの映画の中でギターを弾いている。

それも「このために練習しました~!」というよりは、

ギターが体の一部のように自然に。

あとで知ったら彼は元々ミュージシャンだそうで。

ピアノにしてもギターにしても、

楽器をサラ~っと弾く人には弱いです。

(って私だけ?)

そして、彼の素顔の美しさに惚れ惚れすると同時に、

そこはかとなく漂う哀愁?!(=色気?!)

私の見たところ、彼は幼少時に淋しい思いをしているような気がする。

あの瞳や表情に見え隠れする淋しさは演技ではないと。

そこが世の女性たちにはほおっておけない何か、になるんだと思う。

実際、私も淋しい瞳の人をほおって置けない、

続いて「チャーリーとチョコレート工場」を観ようと思った。

大人になると、

そういう風に、その人に「漂うもの」を感じるようになる。

霊感とか動物的勘とは違って、おそらく人生経験で・・・。

お花の作品にもそういうものが漂う、

それぞれのショップのオーナーさんの生き方が表れたりする。

優しく自然な作品を作る人は、気負いなく生きておられる。

そういえば、ジャンルは違うけれど、

こないだ行った福島区のイタリアン、

美味しさとワインの豊富さ、食事をする楽しさ、

とにかくよいお店で話が弾んだ。

このお店は実はシェフが男前ということでも有名だけれど、

特に愛想を言うわけではないし、とにかく大忙しに調理している。

一緒に行ったKさん、そして私も、ですが、

シェフの腕の筋肉の美しさに見とれておりました。

その筋肉はおそらく、

日々真摯にこの仕事に向き合ってきた、

その証として、美しいんだと思う。

そういえば、その人の姿は全身、緩み無く、潔く、

それはそのままお料理にも妥協がない、そんなオーラを漂わせていた。

そういう美しい緊張感の漂うお店には、

男前とか、キレイな筋肉とか抜きにしても、

(もちろん、あるとなお良いですが、笑)

是非また行きたいと思う。

いいものを漂わせた大人になりたいナァ。。。amica公式サイト