amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

オトナの温度

前から気になっていた「かもめ食堂」を観た。

この映画は憧れのフィンランドを舞台にしていて、

そこには大好きなiittala(イッタラ)のうつわたちを始め、

テーブル、椅子、ランプ、ケトル、トレイ、などなど、

温かく無駄の無いカタチのものたちが登場する。

実はそれ以外には何の予備知識もなかったけれど、

この作品では色々なことが静かに淡々と、大切に描かれていた。

からだを動かすこと、

こころをオープンにすること、

美味しいものを丁寧に作ること、

人に作ってもらうと一層おいしいこと、

人にはそれぞれ喜びも悲しみもあること、

そして、人を静かに見守ること、

じわ~っとだけれどなんだか温かくなる一作で、

自分もすぐに何か料理をしたくなった。

そして、ふつふつと自分なりのヨロコビが湧いてきた。

心も体も健康でいられることのヨロコビ、

人の声に耳を傾け、見守ることのヨロコビ、

誰かをヨロコバせる、ヨロコビ、

自分の信じる道を進むヨロコビ、

そういえばこの間、

ある飲み会で大人のジョシたちの印象深い言葉を聞いた。

「キライと言い切るより、好きじゃない、と表現したい」

「誰も、人のことを裁けない」

どちらもそれぞれ深く、

何かしらそのことで痛みを味わった言葉ではないか、と思う。

感受性に色々なものを沁みこませながら、大人になる。

そして、モノを思う大人だからこそ、人には逃げ道を残す。

大人ならではの、温かさ。

桜の開花は少し先延ばしになったけれど、

確実に春がやってきている。

それぞれに、春風を呼び込んで、

それぞれの人に何かよいことが始まるといいなあ。

もちろんワタシにも(笑)

前々から探していた大きめのプレート、

iittalaのTEEMAのお皿と、Origoのマグ。

映画にも登場していて感激。

20070314153649.jpg

スクールのページが少しリニューアルしました。詳細はコチラ

20070314161333.jpg

パンは「おかわり」。 今日も元気な・・・・・amica公式サイト