amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

花粉に打ち勝つ!

のどかな陽射しが心地よくなるこれからの季節、

公園でのランチも楽しみになります。

が、同時に鼻のムズムズと戦わなければいけません。

周りの、花粉症の悩みを持つ人たちは、

それぞれに飲み薬や注射など治療を受け、

できるだけ今の時期を軽く過ごそうとしている。

花の仕事をしていながら花粉症の私、

この時期も、5月も、そして秋にはイネ科の花粉に悩まされ、

日々扱う花の中にも、苦手な花粉のものがある。

そう、1年を通しての悩み。。。

・・・・・だった。

しかしそれも過去の話になってきた。

なぜか年々症状が軽くなっている。

ナゼ?

忘れもしない1995年、

ものすごく花粉症がひどくて夜も眠れず、

某メーカーの薬を数日飲んでいた。

それからしばらくして、

急に肝機能が低下して入院することになった。

その年は、

前年から仕事で大きなストレスを抱えていたうえに、

悪夢のような阪神大震災が起こり、

追い討ちをかけるようにオウム事件も起こり、

そんな中で私は一人暮らしを予定していた。

肝臓の機能が低下する理由として、

お酒、薬品、そしてウィルス性など、様々あるけれど、

そのときの肝機能障害の原因はお酒でもウィルスでもなく、

一過性で結局はっきりとは分からなかった。

肝臓という臓器、

漢方の本などにはストレスに弱いらしいことも書いてある。

ただ、薬品が原因という疑いも捨てきれず、

それ以来、私は坑アレルギー剤が怖くなった。

それからは減感作療法にも興味を示したり、

漢方の煎じ薬、甜茶、ヨーグルトなど、試してはみたものの、

あまり効果が無かった。

世の中で花粉症の人が増えたこともあって、

春先に鼻をグスグス、人前で仕方なく鼻をかむことがあっても、

ご容赦いただけるようになった。

とにかくそんな風に花粉症を野放しにしてきた私が、

例年の三倍の飛散という、記録的な花粉の当たり年に、

すっきりと、全く、

花粉症の症状がゼロになった。

どんなに花粉の飛ぶ日に、

どんなに出かけてどんなに深呼吸しても、

全く、本当に全く症状が出ない!

驚いて喜んだと同時に、

「ナゼ?!」

どんな特効薬が日常に潜んでいるのか、

昨年までと何か違うものを食べたか、飲んだか、

生活習慣が何か違うか、

それはそれは色々と考えてみた。

出た結論。

1つは秋頃から、

寝る前に毎晩、そば茶を飲んでいた。

カフェインがないようで、

穏やかなお味で体が温まる気がした。

そして2つめも秋頃から、

正直言いますが、

恋をしました。

特効薬は、

おそらくあとのほうだろう、と思います。

間違いないです。

この「恋」ですが、

誰かに新しく恋する、ということじゃなくても、

旦那さまに、または奥サマに改めて恋してみるとか、

アジアンスターのジェリーもいいし、

もちろん氷川君もいいでしょうし、

仕事にドキドキでもいいし、

とにかく、

何かトキメキを持って日々過ごすと、

少しだけ花粉症が軽くなるように思います。

ウソだ、と思った方、

是非是非お試しください。

あ! ↑で書いた詳細(特に恋部分)の質問は受け付けません。

&恋したのに症状が治まらない場合の苦情も受け付けません(笑)。

20070302005258.jpg

花粉症の方に優しいお花を使っております・・・amica公式サイト