amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

クゲンをテイスル

苦言を呈する・・・、

言いたくないこともときには言わねば、で。

某所でヘアサロンについてのお悩みが噴出しているのを見て、

お年頃のジョシに「美容院ジプシー」がいかに多いかを知った。

お気に入りのヘアサロンが見つからずに彷徨っている、

そんな「美容院ジプシー」の意見は、結構一致している。

思ったイメージにならない、ということが一番だろうし、

BGMがうるさくて落ち着かない、色々なセールスがうるさい、

肩が凝る、シャンプーが下手、おしゃべりが多い、

などなど。

ほとんどみんなヘアサロンへは「キレイ」になりに、

または少し「癒され」に、とにかく「楽しみ」に訪る。

しかし何かしらのストレスを抱えて帰ることになる。

私もそんな一人。

ヘアスタイリストという人々に言いたいのは、

  スタイリングに集中して欲しい。

ただそれだけ。

私も花のデザインを考えるときは集中する。

美容師さんのトークは期待していないし、

雑誌を後ろから覗いてきて話しかけないでほしいし、

お店に入ったときから顔合わせてるのに、

「分け目はどこにしてますか」とか聞かないでほしい。

もう少しで「来たときと同じで」と言いそうになる。

ヘアメイクの久保木さんなら、

その人に似合う分け目をきちんと探し出して、

そこで「いい感じ」に分けてくれる。

私が花嫁に似合うお花を思いつくように、

私の顔やファッションで、ピタリと似合うようにしてほしい!

(コレって無理難題ですか? 笑)

髪は伸びるしブローで変わるかもしれないけれど、

私のようなウェディングのことをしているものからすると、

一回ごとの仕事への集中力が低いと思う。

その人のその季節、その日々は戻ってくるものではないし、

もっと一回ずつの仕事は大切にしてほしいな、と思う。

髪型でジョシの心は変わるし、そこから先の人生も変わるかもしれない。

とはいえ、ヘアサロンできちんと文句言う人はあまりいない。

そのまま黙って次のところを探すだけ。

人から何か注意されるのってイヤな気分だけど、

苦言を呈することも実は本当にしんどいことで。

みんな人には恨まれたくないし、人の気分を害すのは好まない。

それなら黙って立ち去るほうが楽だから。

ヘアサロンはそれでいい。

しかし。 

嫌だけど言わなければいけないときもある。

それは、相手が大切な人の場合。

恨まれてもその人のためになることなら言うべきで。

、と私は思っている。

その反対ももちろん。

苦言を呈してくれる人を、大事にしたいと思う。

周りが賛同者ばかりになると、

小さなグループで有頂天になってしまい、

自分の立ち位置を見渡すことがなくなり、

何か苦言を呈されても聞く耳がなくなっていく。

そんな「お山の大将」ではいけないんデス。

大人になるにつれ、

誰かから怒られることもなくなる。

だからこそ年齢、性別関係なく、

きちんと叱ってくれる人がいてほしい、と思う。

20070222232106.jpg

写真はHPの表紙になってるマグノリア木蓮)。

ツッコミは愛情デス。・・・・・・・amica公式サイト