amicaflower’s diary

植物のこと、フローリストの日々

三年目の芦屋

早いものでココ芦屋に住んで三年目を迎えた。

正直、最初は「芦屋に住む」というのに照れがあって、

なんとなくこそばゆい気分で落ち着かなかったけれど、

今では裏道をスイスイ走り、美味しいモノを食べつくす、

自分にとって早くも住み慣れた、愛着のある街になった。

お店を出す人、または広い意味で商売をする人なら、

やはり「芦屋」というブランドを目指す人は多いと思う。

もっと平たく言ってしまえば、

アシヤのフユウソウをネラッテ、ショウバイしよう!と。

そういうギラギラ感のあるお店は一目で分かる。

ああ、ソレ狙いなんだな、と。

しかし芦屋はそんなに簡単ではなく、

値段に大らかどころか、逆にものすごくシビアだと思う。

そのモノが上質でも値段に見合っていなければいけないし、

どんなにこだわったモノでも押し付けがましいのは歓迎されない。

上質で厳選された本物であることは「当たり前」、

そこに説明や講釈は「不要」で、

それに適正な価格が示されるなら「躊躇なく」支払う、

なんとなく、そういうところだなあ、と。

私自身、芦屋を目指して拠点を構えたワケではなかったけれど、

(詳しくは「アトリエ探し物語」をご参照ください。)

この街に来ることができて、本当に本当に良かったと思う。

自分の強運にバンザイ!な気分。

この街での確かな情報とは、

マスコミなどとは違って、やはり口コミだったりする。

それはそれは密に熱心に情報交換が行われ、

発信する側も受け取る側も、テキトーではない。

常に「良いモノ」への探究心がアツい。

ウチの近所に、

雑誌にも情報サイトにも一切出ていない飲食店がある。

同じ通りの他のお商売は入れ替わりが激しいのに、

その店は昼のランチタイムは13時には完売(何度か涙を飲んだ、、、)、

そして夜もいつも賑わっている。

聞くとオープンしてまだ2年だそうで。

人気の秘密を色々観察してみると、

お味が美味しいのはもちろん、

なんとはなしの居心地が良い(広さや隣との距離)、

渋くてありきたりではないBGMが有線ではなくオーナーセレクトのCD!、

そしてサービスがさりげな~く細やかに行き届いている。

大将の「ウェルカム」なオーラと程よい会話、などなど。。。

同じ通りには、以前テレビ取材の来たお店がある。

取材までの経緯は分からないけれど、

一時的にワッと人が集まったものの、

数ヶ月でまた火が消えたように元の状態になった。

出れば有名になる、というものでも、

有名だったらよいモノ、というわけでもない、

厳しい価値基準を個々に持っていて、大勢に惑わされたりしない。

ここでは本当に色々と勉強になる。。。

楽しくも厳しい街、芦屋で、

これからもこっそり頑張っていこう、とこっそり決意を固めて、

こっそり今日は誘われてラジオ番組の収録に行ったりしました。

しかし、リハーサルなしに原稿なしに短時間に簡潔に流暢に美しく話す、

そんなことできるわけないワケで。

小汗かいてシドロモドロしてアワアワしてあっという間に終わり。

なのでこっそりオンエアされて終わりにします(笑)。

どこぞでお耳にかかった場合はご容赦を!

写真は今日横浜へ発送した、芦屋モノリスの方からのオーダー。

20070130195809.jpg

スタジオ内を撮影しようとしたらバッテリー切れしてた・・・amica公式サイト